柿傳ギャラリーブログ

冨川秋子 陶展 ー青き氷ー ご報告

令和元年7月21日(日)

7月16日(火)より開催しております
冨川秋子 陶展 ー青き氷ー のご報告です。
じめじめとした梅雨特融の気候が続いていますが、
弊廊ではそんな時期にもぴったりの、涼やかな作品を展示しております。
 
鉢 「颯翔」 
 
冨川先生は「氷青釉」というオリジナルの釉薬を用いて、
澄んだ青色の作品を作られています。
この印象的な青は 「南極の澄んだ氷」をイメージして調合されているのだそう。
薄暗い展示室にあると、色の美しさがより際立ちます。
 
 
 
氷青釉鉢
 
氷青釉平鉢 「氷点下」 
 
鉢などの作品は、ぜひ底の景色もお楽しみください。
釉薬の濃淡などによって、
氷の中や、海の底を覗いているような素敵な気分が味わえます。
こちらの鉢は、水を張るといっそう涼しげに見えそうです。
 
 蓋器 「snow white」
 
氷青釉花器 
花器「 frost 」
 
きりっと冷えたお酒に合いそうな器も、多く揃っております。
 
 水指 「氷の海」
 
「海に浮かぶ氷山」をイメージされた水指。
つまみの部分が本物の氷のかけらのようです。
 
 碗 氷青
茶碗 「まどろみ」 りら
 
冨川秋子 陶展 ー青き氷ー は 7月22日(月)17時までの開催となっております。
冨川先生も最終日まで在廊の予定です。
涼みがてら、どうぞ気軽にお立ち寄りくださいませ。
スタッフ一同、心よりお待ちしております。

アーグネス・フス陶展 ー日本・ハンガリー外交関係開設150周年事業ー ご報告

令和元年7月11日(木)

7月6日(土)より開催しております
銀河(オブジェ・花器)
 
ハンガリー出身の陶芸家 アーグネス先生 の個展を開催しております。
ハンガリーと日本の外交開設から今年で150周年ということもあり、
記念事業のひとつにもして頂いております。  
 
ご紹介文にもある通り、アーグネス先生の作陶の手法はとても独特です。
長く伸ばされた帯状の土を重ね、編み込み、巻き付けることで、
誰も見たことのないような作品を作っていらっしゃいます。 
 
アークティック茶碗 
雪解茶碗 
 
水指(角形) 
笹の葉水指
 
墨象(陶板)
 
おとしを組み合わせて使う花器は、
組み方や角度により様々な表情が楽しめます。
花を活けるのはもちろん、そのままオブジェとして飾るのも素敵です。
 
かたちは個性的でも、和の空間になじむ色合いの作品も多くあります。
土が伸ばされてゆく過程で入る無数のひび・模様の出方なども、良い風合いを出しています。
ぜひお近くでご覧くださいませ。
 
楽しい色使いの酒器も充実しています。
プレゼントやおもてなし用にもいかがでしょうか。
 
アーグネス・フス陶展 ー日本・ハンガリー外交関係開設150周年事業ーは、
7月12日(金)17時までの開催となっております。
日本語も堪能なアーグネス先生は、最終日まで在廊の予定です。
この機会に是非お立ち寄りくださいませ。
スタッフ一同、心よりお待ちしております。

吉野敬子 展 ー櫨ノ谷よりー ご報告

令和元年7月2日(火)

 6月26日(水)より開催しております
「追悼 吉野 魁 × 敬子 親子展」から早くも3年が過ぎました。
 今回は弊廊初の、吉野敬子先生の個展です。
 6月29日には京懐石 柿傳茶室にて「夏至の茶会」が開催され、
床の間には吉野魁先生の花入れが飾られました。
 
茶会では吉野先生が席主を務められました。
作品についての貴重なお話を聞きながらの、笑いの絶えないお茶会となりました。
たくさんのお客様にお集り頂きありがとうございました。
 
ギャラリーでは茶陶を中心に、食器や酒器などを展示しております。
工房の様子や、周辺の美しい自然などを写したパネルにもご注目ください。
  
吉野先生は土に合った作品作りについて熱心に研究されており、
「この土にはこの技法」「この土にはこの釉薬が最も合う」という思いをもって作陶されているそうです。
作品からは、非常に丹念に作られていることが伝わってきます。
 
大人気の食器類は、完売の作品も出てきました。
 
 
ぐい呑、片口、徳利なども充実しております。
酒器がお好きな方にはたまらない眺めですね。
 
吉野敬子 展 ー櫨ノ谷よりー は 7月2日(火)17時までの開催となっております。
この機会に是非お立ち寄りくださいませ。
スタッフ一同、心よりお待ちしております。

第四回 伝統工芸 陶葉会 展 ご報告

令和元年6月21日(金)

6月16日(日)より開催しております、

第四回 伝統工芸 陶葉会 展 のご報告です。

日本工芸会に所属する、千葉在住の陶芸家の集まり「陶葉会」。
4度目となる今展では総勢27名の作家が参加しております。
これだけの大人数のグループ展は弊廊では珍しいことです。 
 
共通テーマが「茶陶」ということもあり、
水指、茶碗、茶器、菓子器、香炉などを多くご覧いただけます。
他にも壺や大鉢 などの大作から、かわいらしい日常の器もあります。
 
 
作家さんごとにしっかりとした作風ががあるので、
眺めているだけでとても面白いですね。
是非お気に入りの作品、作家さんを見つけてくださいませ。
 
 
 
第四回 伝統工芸 陶葉会 展は 6月23日(日)17時までの開催となっております。
会期中は出品作家が交代で在廊しております。
この機会に是非お立ち寄りくださいませ。
スタッフ一同、心よりお待ちしております。

三原嘉子 展 ー空からの情景ー ご報告

令和元年6月10日(月)

 6月5日(水)より開催しております
やわらかな粉引作品で知られている、三原嘉子先生の個展を開催しています。
今展では犬や猫などの「身近な動物」をモチーフとした、
蓋物、オブジェ、茶碗、食器などをご覧頂けます。
小さくもかわいらしい動物たちをお楽しみくださいませ。
 
蓋物
 
猫が鳥を狙っていたり、鳥が首をかしげていたりと、
ちょっとした動きがかわいらしいですね。
中になにを入れようかと考えるだけで楽しくなります。
香合やボンボニエールにもぴったりです。 
 
 
 
猫の乗った蓋をあけると…… 中にはねずみが!
 
 
 
 
 
茶碗
 
とても優しく、ほっとするような佇まいのお茶碗です。
うすいクリーム色もお抹茶の色を引き立ててくれそうです。 
 
 
 
第二展示室はがらりと雰囲気が変わり、
ご主人である三原研先生の作品を展示しております。
 
あわせて是非ご覧くださいませ。
 
三原嘉子 展 ー空からの情景ー は 6月11日(火)17時までの開催となっております。
先生も最終日まで在廊の予定です。
あいにく雨が続いていますが、この機会に是非お立ち寄りくださいませ。
スタッフ一同、心よりお待ちしております。

久保田烈工 陶展 ご報告

令和元年5月29日(水)

5月27日(月)より開催しております  

久保田烈工 陶展のご報告です。

新宿では束の間の暑さがひと段落し、今日はとても過ごしやすい日となりました。

只今のギャラリーではそんな今の季節にぴったりの、

清々しい青白磁を展示しております。

弊廊初となる久保田先生の個展、どうぞご堪能くださいませ。

 

青白磁釉象嵌線彫文壺

 

入ってすぐの中央の展示台では、DM作品となった大作を展示しております。

近くでご覧頂くと、釉薬の美しい濃淡がよく見てとれます。

 

 

山村御流の皆様によるお花にも、是非ご注目ください。

器もいっそう素敵に見えますね。

 

「清らかさ」や「凛々しさ」の中に、

どこかほっとする「あたたかさ」が見えるのも先生の作風の一つです。

目に涼しげなお茶碗も、思わず手にとりたくなるような佇まいをしています。

 

 

酒器の他にも小鉢、フリーカップなど、

日常使いしやすい器も幅広く展示しています。

 

久保田烈工 陶展は 6月2日(日)17時までの開催となっております。

久保田先生は最終日まで在廊の予定です。

この機会に是非お立ち寄りくださいませ。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

珠洲焼復興40周年記念 篠原敬 中山達磨 山田睦美 展 ご報告

令和元年5月21日(火)

5月17日(金)より開催しております
かつて中世の日本を代表する焼き物のひとつであり、
15世紀に忽然と姿を消した「珠洲焼」をご存知でしょうか。
石川県珠洲市を中心に生産された、素朴な黒灰色が特徴の焼き締め陶です。
 
一度は「幻の古陶」とまで呼ばれた珠洲焼ですが、
今年で復興40周年を迎えるそうです。
今展では、現代の珠洲焼作家3名の作品を展示しております。  
 
 
篠原敬
 
 
 
中山達磨
 
山田睦美
 
 
瑞々しいお料理や、鮮やかな色合いの草花がとてもよく映えます。
茶藤や酒器を探していらっしゃる方にも、是非ご覧頂きたい焼き物です。
  
珠洲焼復興40周年記念 篠原敬 中山達磨 山田睦美 展 は
5月23日(木)17時までの開催となっております。
 
以前から珠洲焼のファンだったお客様や、
今展のご案内状で初めて知ったというお客様にも、多くお越し頂いています。
どうぞこの機会にご堪能くださいませ。
スタッフ一同、心よりお待ちしております。

大上伊代 ばけもん陶展 ご報告

令和元年5月12日(日)

5月8日(水)より開催しております
大上伊代 ばけもん陶展 のご報告です。
神話・伝説上の生き物や、妖怪をモチーフに作陶されている大上先生。
実は今展が「東京での初個展」なのだそうです。
 
おどろおどろしくも、どこか愛くるしい、
そんな「ばけもん」達の世界をお楽しみくださいませ。
 
唐獅子茶盌 
迫力のある表情が魅力的ですね。
裏面や高台には、尾や肉球まで再現されています。
是非実際にお手にとって覧ください。
 
 虎茶盌、兎茶盌
 
鬼福茶盌
見込みにはお多福、返すとなんと鬼が現れます。
「鬼は外、福は内」のお茶碗なのだそうです。
 
 
唐獅子茶器
唐獅子蓋置、猪蓋置、饕餮蓋置
 
天使 (掛花入
唐獅子掛花入 
 
龍頭片口・龍頭盃 
龍の頭を返すと……
角と鼻先でぴたりとバランスが取れ、かわいらしい酒器になります。
  
 
 
5月11日(土)には「立夏の茶会」も開催いたしました。
大上先生と弊廊店主が席主を務め、
お客様には実際に「ばけもん」のお茶碗で、お茶を召し上がって頂きました。
「どのお茶碗になるのかしら」と皆様とても楽しそうにお話しされていました。
 
大上伊代 ばけもん陶展 は 5月14日(火)17時までの開催となっております。
大上先生は最終日まで在廊される予定です。
是非この機会にお立ち寄りくださいませ。
スタッフ一同、心よりお待ちしております。

奈良祐希・松村淳 展 ご報告

平成31年4月30日(火)

4月23日(火)~4月29日(月)に開催しました

奈良祐希・松村淳 展 のご報告です。
 
今回は弊廊にとっての平成最後の展覧会、
奈良先生と松村先生による、モダンな白磁作品を展示いたしました。
 
奈良 祐希 作品
奈良先生の作品は、板状の磁器のパーツを組み合わせて作られています。
一見無秩序に見える作品もじっくり見ると、
丁寧に計算され作られているのだと気づかされます。
「Bone Flower」(骨の花)というタイトルがとてもしっくりきますね。
 
 
松村 淳 作品
一方で松村先生の作品は、ひたすらに削り出すことで作られています。
優美なフォルムには、モチーフやテーマがあるのではなく、
成型してゆく段階で自然に出てくるものだそう。
細部にいたるまで非常に丁寧に手が施されています。
 
 
 
第二展示室ではスタイリッシュなデザインの茶道具も展示いたしました。 
照明の当たりで出来る陰影がとても素敵ですね。
 
今回も沢山のお客様にご来廊頂きまして、どうもありがとうございました。
 
弊廊は5/1(水)から5/6(月)までお休みを頂戴いたします。
休業中のお問い合わせにつきましては、メールかFAXを頂ければ幸いです。
詳しくは 最新情報 をご覧くださいませ。
ご不便・ご迷惑をおかけいたしますが、どうぞ宜しくお願いいたします。
 
休業明けの 5月8日(水)からは 大上伊代 ばけもん陶展 を開催いたします。
皆様のご来廊をスタッフ一同、心よりお待ち申し上げております。
 

竹内真吾 展 ご報告

平成31年4月17日(水)

 4月13日(土)より開催しております
竹内真吾 展 のご報告です。
今回は瀬戸で作陶されている竹内先生の、
弊廊での初個展のご紹介です。
 
炻器壷
 
うねるような、編み込んだかのような、
そんな独特なフォルムが印象的な竹内先生の作品。
 「いったいどうやって作っているの?」とのご質問が多いのも頷けます。
ロクロは使わず、ひもづくりを駆使して作られているそうです。
 
 
是非ゆっくりと、作品との対話をご堪能くださいませ。 
 
 
オブジェに見える作品も中は空洞です。
上部に口が作られており、花器としてお使い頂けるようになっています。
 
 
 
炻器皿
 
 
お花は 古流 かたばみ会 の先生によるものです。
おかげさまで器と花が見事に引き立て合う、素敵な展示風景が出来上がりました。
SNSから今展を知ったお客様も多くいらしています。
 
 炻器茶碗
 
炻器水指
 
 
竹内真吾 展 は4月19日(金) 17時までの開催となっております。
お近くへお出かけの際には是非お立ち寄りくださいませ。
スタッフ一同、心よりお待ちしております。