柿傳ギャラリーブログ

安洞雅彦 豆向付1000客 展 ご報告

平成31年2月19日(火)

2月14日(木)より開催しております

安洞雅彦 豆向付1000客 展 のご報告です。

織部を中心とした古陶をミニチュア化し、豆向付として再現されている安洞先生。

今展のために1100客以上の豆向付を制作してくださり、

先生にとっても弊廊にとっても、最大規模の出品数の展示となりました。

 

第一展示室を埋め尽くす豆向付たちは圧巻の景色です。

形や絵柄にもそれぞれ個性があり、種類はなんと380以上あるのだとか。

 

こちらの3点の豆向付だけは、

貴重な安洞先生オリジナルのデザインの作品です。

 

織部黒茶碗

豆向付尽くしの第一展示室とは変わり、

第二展示室では茶碗、水指、鉢、香合、ぐい呑などを展示しております。

 

 

美濃御深井向付

 

赤織部湯呑、筒向付

 

ギャラリーへ入ってすぐの展示台では、

南蛮人燭台がお出迎えしてくれます。


安洞雅彦 豆向付1000客 展 は 2月20日(水)までの開催となっております。

どうぞお見逃しのないよう、是非お立ち寄りくださいませ。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

萩傳流 II ー濫觴よりー ご報告

平成31年2月10日(日)

2月5日(火)より開催しております

萩傳流 II ー濫觴よりー のご報告です。

暦の上では立春を迎えましたが、

ここ新宿はつい先日雪が降ったばかり。寒い日々が続いております。

 

さて弊廊では、一年半ぶりの萩焼グループ展を開催しております。

第一回目の前回に引き続き、6名の若手作家の皆様にご出品頂きました。

 

こちらは会期3日目に催された特別記念茶会のご様子です。

茶会では出品作家6名が席主を務め、

各々の作品を用いた、まさに萩尽しの茶会となりました。

当日は沢山のお客様にご参加頂き、本当にありがとうございました。

 

今展のサブタイトルにある「濫觴」(らんしょう)は、あまり耳慣れない、興味深い言葉です。

「物事の起こり」や「始まり」を意味しており、

「萩傳流」という展覧会名とも関連しているようです。

徳留大輔先生の書かれた今展のご紹介文も、どうぞあわせてご覧くださいませ。

 

岡田 泰

 

坂 悠太

 

坂倉正紘

 

新庄紹弘

 

田原崇雄

 

玉村信一

 

萩焼の伝統を継ぎながらも、

6名の作家それぞれの個性の見てとれる作品をご覧頂けます。

 

萩傳流 II ー濫觴よりー は 2月11日(月)までの開催となっております。

萩尽しの一週間を最後までどうぞお楽しみくださいませ。

皆様のご来廊を、スタッフ一同心よりお待ちしております。

中里花子 陶展「静と動」 ご報告

平成31年1月29日(火)

1月26日(土)より開催しております

中里花子 陶展「静と動」 のご報告です。

唐津で育ち、十代で単身渡米され、

現在は日本とアメリカを行き来しながら作陶されている中里花子先生。

一目で花子先生だと分かるような、

センス溢れるモダンな作品を作られています。

 

 

2-Tone 鉢

外側は刷毛目、内側はブルージーンズのような青色。

タイトル通り「ツートーン」のコントラストが目を引きます。

他にもダークブルー、グリーン、ホワイト等の色遣いの作品もございます。

 

 

お水指も花子先生の手にかかれば、

このようにモダンな佇まいの作品になります。

右手の水指は、蓋のつまみが三日月形になっております。

 

2-Tone Straight Bowl

お茶碗にぴったりなサイズ感の作品もございます。

 

徳利掛花入、2 -Tone Coffee Pot

 

ツートーンカラーの作品がメインの第一展示室とは変わり、

第二展示室では、白を基調とした作品を展示しております。

 

 

水滴、蓋物 しのぎ

 

中里花子 陶展「静と動」 は 2月1日(金)までの開催となっております。

器の持つ「静」と「動」の表情を、

展示を通して是非お楽しみくださいませ。

皆様のご来廊を心よりお待ちしております。

唐津 藤ノ木土平 彩 志水 朝 二人展 ご報告

平成31年1月19日(土)

1月15日(火)より開催しております

唐津 藤ノ木土平 彩 志水 朝 二人展 のご報告です。

藤ノ木先生、志水先生による

唐津焼と抽象画の展示を只今開催しております。

 

土平先生の作品は、唐津焼らしい技法をとりながらも、

どこか「大胆さ」や「破天荒さ」を感じさせるものです。

そこへ志水先生の色とりどりの絵画が合わさり、

魅力的な化学変化が起こりました。

 

一際目立つ中央の展示台では、

DM作品にもなった「猪が飛ぶ飛天四面壷」を展示しております。

近づいて壷の中を覗いてみると…

素敵な発見があるかもしれません。

 

雄大な自然の中、

のびのびと過ごす天馬や龍にもご注目ください。

 

斑唐津刻筒茶盌

絵唐津己亥猪絵茶盌

 

 

 

ギャラリー内では不定期にお呈茶もしております。

土平先生のお茶碗にて、一服のひとときをどうぞお楽しみください。


唐津 藤ノ木土平 彩 志水 朝 二人展 は 1月21日(月)までの開催となっております。

この機会に是非お立ち寄りくださいませ。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

中島洋一展 ー裂を愛でるー ご報告

平成31年1月10日(木)

1月6日(日)より開催しております

中島洋一展 ー裂を愛でるー のご報告です。

平成31年の年始め展覧会、中島先生による裂の個展を開催しております。

中島先生は原材料となる蚕や繭の研究は勿論のこと、

天然染料による糸染・製織など、全ての工程に拘って制作されています。

 

今展では第一展示室の入口付近から順に、

季節の移ろいを意識した展示をしております。

 

戌巴菱牡丹唐草文錦

まずは去年の干支である、「戌」に因んだ文様から始まります。

 

松立涌鶴亀文錦

 

隣に移りますと、新春にふさわしい「鶴亀」文が現れます。

 

藤立涌猪文錦

そして今年の干支である「猪」。

DM掲載の作品でもあり、今展のメインとなった文様です。

猪は出産の時期が春なので、こちらの文様は「春」を意識してデザインされたのだそうです。

藤立涌に、猪の親子や猪目が配されています。

 

牡丹草花文金襴帯地

春の花である「牡丹」の文様も

猪文の作品にまざって展示されています。

 

蓮水禽蜻蛉文錦

第一展示室の半ばを過ぎた辺りでは、

夏を彷彿とさせる「蓮」の文様の作品がご覧頂けます。

 

四季唐草文錦壁掛け・古杼一輪挿し

こちらは壁掛けと一輪挿しがセットになった作品です。

一輪挿しはその名の通り、機織りに使う杼(シャトル)から作られています。

繭から作られた美しい造花、「花まゆ」にも是非ご注目ください。

 

蓮花麦喰い禽文

第二展示室に入れば、「秋」の気配がひしひしと感じとれます。

蓮の花と麦をくわえる鳥の文様には

「学業成就」や「五穀豊穣」などの意味が込められているそうです。

 

 

帯締め、香袋、、印鑑入れ、菓子切などの

かわいらしい小物も充実しております。

お気に入りの一品を是非見つけてくださいませ。


中島洋一展 ー裂を愛でるー は 1月12日(土)までの開催となっております。

皆様のご来廊をスタッフ一同、心よりお待ちしております。

本年も柿傳ギャラリーをどうぞ宜しくお願いいたします。