柿傳ギャラリーブログ

竹内真吾 展 ご報告

平成31年4月17日(水)

 4月13日(土)より開催しております
竹内真吾 展 のご報告です。
今回は瀬戸で作陶されている竹内先生の、
弊廊での初個展のご紹介です。
 
炻器壷
 
うねるような、編み込んだかのような、
そんな独特なフォルムが印象的な竹内先生の作品。
 「いったいどうやって作っているの?」とのご質問が多いのも頷けます。
ロクロは使わず、ひもづくりを駆使して作られているそうです。
 
 
是非ゆっくりと、作品との対話をご堪能くださいませ。 
 
 
オブジェに見える作品も中は空洞です。
上部に口が作られており、花器としてお使い頂けるようになっています。
 
 
 
炻器皿
 
 
お花は 古流 かたばみ会 の先生によるものです。
おかげさまで器と花が見事に引き立て合う、素敵な展示風景が出来上がりました。
SNSから今展を知ったお客様も多くいらしています。
 
 炻器茶碗
 
炻器水指
 
 
竹内真吾 展 は4月19日(金) 17時までの開催となっております。
お近くへお出かけの際には是非お立ち寄りくださいませ。
スタッフ一同、心よりお待ちしております。

ピーター ハーモン 陶展 ご報告

平成31年4月9日(火)

4月4日(木) より開催しております
ピーター ハーモン 陶展 のご報告です。
ピーター先生は アメリカ ネブラスカ州に生まれ、
日本に移られてから約40年が経つ、丹波の陶芸家です。
日本の伝統文化にとても造詣が深く、藪内流のお茶も長くされています。
 
こちらは4月5日、6日と開催された「小間の茶会」のご様子です。
今回は小間の茶室「一与庵」にて、
大寄せのお茶会とはまた違った趣をお楽しみ頂きました。
 
美味しいお濃茶や、珍しいお道具の取り合わせ、
ピーター先生の軽快なお話などを、皆様楽しんでいらっしゃいました。
先生の大振りで洗練されたお点前の所作には
「恰好いい!」「魅せられました」などのご感想も集まりました。
沢山のお客様にご参加頂きありがとうございました。 
 
ギャラリー内では白磁、青白磁、青磁の作品を中心に展示しております。
シャープなフォルムの作品からは、
ぴりっとした空気が発せられているかのようです。
是非ゆっくりとご堪能くださいませ。
 
彫刻青磁四方茶碗
青白刻文水指
 
青白磁刻文大皿
青白磁刻文四方食籠
 
 
 
 
 
 
第二展示室は茶室に見立てた設えをしております。
こちらでは、先生自らお呈茶もされています。
 
 
ピーター ハーモン 陶展 は4月10日(水)17時までの開催となっております。
この機会に是非お立ち寄りくださいませ。
スタッフ一同、心よりお待ちしております。

五味謙二 陶展 ご報告

平成31年3月31日(日)

 3月25日(月)より開催しております
五味謙二 陶展 のご報告です。
東京では桜の満開情報が出る季節となりました。
新宿駅の東南口でも、桜が見ごろを迎えております。
 
さて、弊廊では五味先生の3年ぶりとなる個展を開催しております。 
つい最近日本陶芸展の大賞をとられた五味先生。
大丸 東京店では今まさに受賞作品の展示も行われていますので、
このご機会に是非あわせてご覧くださいませ。
 
今展では展示台などの配置を大胆に変え、
オブジェを様々な角度からご覧頂けるようになっております。
 
五味先生の作風でもある、岩のようなかせた質感や、
複数の形がぴったりと組み合わさった様など、お近くで是非ご覧くださいませ。 
 
オブジェ以外にも茶碗、水指、蓋物、酒器なども展示しております。
 
 
 
shi-tou「キラジ」
 
五味謙二 陶展は4月1日(月)までの開催となっております。
大丸東京展にて開催されている「日本陶芸展」とあわせ、
是非この機会にお出かけくださいませ。
スタッフ一同、心よりお待ちしております。

信 樂 - 土の賦 十二人展 ご報告

平成31年3月20日(水)

3月15日(金)より開催しております

信 樂 - 土の賦 十二人展 のご報告です。

唐津から始まり、九谷、美濃、丹波、萩と、

弊廊では様々な窯業地のグループ展を開催してきました。

今回は、お陰様で初めて「信楽」のグループ展をさせて頂いております。

DM作品でもあるこちらの「宝船水指 銘 船出」とともに、

今展の真新しい「船出」を感じて頂ければと思います。

 

ギャラリー内では「茶陶」をテーマとした、12名の作家の作品を展示しております。

一目で「信楽焼だ」とわかる伝統的な作品もあれば、

個性の光るモダンな作品も……

ひとつひとつ、時間をかけてゆっくりとお楽しみください。

青木寿美子

 

大西左朗

 

奥田陶生

 

神崎秀策

 

小牧鉄平

 

迫 能弘

 

篠原 希

 

髙橋楽斎

 

髙間智子

 

谷 穹

 

津守愛香

 

古谷和也

 

こちらは会期中に開催された、特別記念茶会「紫香楽」のご様子です。

12名の出品作家が席主をつとめられ、

この日のために作られたお茶碗や、信楽縁のお道具でお客様をおもてなししました。

 

ご参加のお客様からは「とても楽しかったです」「作家さんに直接お話を聞けるのが嬉しい」という、

あたたかいご感想も多く寄せられました。

沢山のお客様にお集り頂きありがとうございました。

 

信 樂 - 土の賦 十二人展 は 3月21日(木)17時までの開催となっております。

どうぞこの機会にお立ち寄りくださいませ。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

長坂 ビショップ 大山 游刻展 Ⅲ ご報告

平成31年3月11日(月)

3月6日(水)より開催しております

長坂 ビショップ 大山 游刻展 Ⅲ のご報告です。

 

「游刻」はビショップ先生が彫り出した印章、プライベートロゴマークの総称です。

ご注文頂いたお客様と直接話し、その際に得たインスピレーションを元に、

その方だけのロゴマークを作りだしています。

弊廊のDMや書類に度々登場するこちらのロゴも、実はビショップ先生の作品です。

 

ギャラリー内では最新作の游刻とともに、

ご注文されたお客様の使用シーンも展示しております。

游刻を個人印として使われる方、お店のロゴマークにされている方、

サインとして使われる作家の方……

ひとつひとつにドラマがあり、ついつい見入ってしまいます。

 

 

 

 

こちらは弊廊でお世話になっている陶芸家 星野友幸先生の游刻です。

繊細な作風が見事に表されています。

 

こちらも陶芸家 高橋奈己先生のものです。

「己」という字を元にしたデザインとなっています。

 

ご出産祝いや贈り物にぴったりの「こども游刻」もご注文を受け付けています。

「大きく育つようにのびしろ(余白)を残した」デザインだそうです。

 

短冊、印章揃え、メッセージカード、金封などの販売もございます。

お土産にいかがでしょうか。

 

恒例となったレセプションでは、今回もたっぷりのスパークリングワインでおもてなしをしました。

オペラ歌手マリア セレンさんは、前回より更に豪華な衣装とヘアメイクで登場。

素晴らしい歌声とともに、会場を盛り上げてくださいました。

沢山のお客様にお集り頂きまして、ありがとうございました。

 

長坂 ビショップ 大山 游刻展 Ⅲ は 3月12日(火)までの開催となっております。

この機会に是非お立ち寄りくださいませ。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。