柿傳ギャラリーブログ

辻 協による「存分に恵の食卓」 ご報告

令和2年7月13日(月)

7月6日(月)~7月12日(日)に開催しました

国内初となる辻協先生の遺作展を開催しました。
「存分に恵の食卓」という展覧会名は、協先生が上梓されたレシピ本に因んだものです。
会場では本の中で使われていた食の器や、協先生が最後の窯でたかれた作品、
夫である辻清明先生の書や大壷も展示しました。

会期中にはお子さん達が在廊され、お客様と思い出話を語られる一幕もありました。
お超しくださった皆様ありがとうございました。
SNSを通じてお楽しみくださった皆様もありがとうございます。

次回は7月16日(木)より 酒井 学「虚空界散歩」 が始まります。
お近くへお越しの際はどうぞお立ち寄りくださいませ。
スタッフ一同、心よりお待ちしております。

日ごろよりブログをご覧頂きありがとうございます。
オンラインでもお楽しみ頂けるよう、SNSにて展覧会の様子をご紹介しております。

■Instagram / ■Facebook / ■Twitter

こちらもぜひご覧くださいませ。

中里太亀 陶展 ー暮らしを彩るー ご報告

令和2年7月5日(日)


6月26日(金)~7月2日(木)に開催しました
梅雨の真っただ中に太亀先生の個展を開催しました。
今年のテーマは「暮らしを彩る」。
小さな花入や酒器、向付、小皿、湯呑などは、
一点取り入れるだけで普段の生活を素敵に彩ってくれますね。
このような時ですので、日々の暮らしの大切さが一層深く感じられます。

雨の日が続く中お超しくださった皆様、ありがとうございました。
SNSを通じてお楽しみくださった皆様もありがとうございます。

次回は7月6日(月)より 辻 協による「存分に恵の食卓」 が始まります。
お近くへお越しの際はどうぞお立ち寄りくださいませ。
スタッフ一同、心よりお待ちしております。

日ごろよりブログをご覧頂きありがとうございます。
オンラインでもお楽しみ頂けるよう、SNSにて展覧会の様子をご紹介しております。

■Instagram / ■Facebook / ■Twitter

こちらもぜひご覧くださいませ。

TANBA −10人の作家による茶陶展 Ⅲ− ご報告

令和2年6月26日(金)


6月16日(火)~6月22日(月)に開催しました
丹波焼のグループ展も三度目の開催となりました。
残念ながら恒例のお茶会は取りやめとなり、
作家さんの在廊も少なくなりましたが、開催できたこと自体をとてもありがたく思います。
「丹波焼」と一口に言っても作家それぞれ個性が強く、
今回もとても見ごたえのある展示だったかと思います。
ご来廊頂いた皆様、オンラインでお楽しみ頂いた皆様、どうもありがとうございました。

只今のギャラリーでは 中里太亀 陶展 ー暮らしを彩るー を開催しております。
お出かけの際にはどうぞお立ち寄りくださいませ。
スタッフ一同、心よりお待ちしております。

日ごろよりブログをご覧頂きありがとうございます。
オンラインでもお楽しみ頂けるよう、SNSにて展覧会の様子をご紹介しております。

■Instagram / ■Facebook / ■Twitter

こちらもぜひご覧くださいませ。

「    」Project 粋 展 ご報告

令和2年6月23日(火)

6月6日(土)~6月12日(金)に開催しました
「    」Project 粋 展 のご報告です。
Project 粋」は陶芸家、釜師、書家、写真家、鎌倉彫作家、ガラス作家などの
多彩な美術作家から成るグループです。
弊廊初となった今展では、ギャラリーだけでなく柿傳茶室での展観や、
Zoomを用いた作家同士のオンライン対談なども開催いたしました。
対談の模様はProject 粋のFBよりご覧頂けますのでぜひご覧くださいませ。
互いに刺激し合い、切磋琢磨されている様子がひしひしと伝わってきます。

弊廊は6月1日より営業を再開させて頂いております。
おかげさまで今展では7日間の会期を無事終えることができました。
ご来廊頂いた皆様、オンラインでお楽しみ頂いた皆様、どうもありがとうございました。

KUTANIの新しい風 展 ご報告

令和2年4月11日(土)


4月6日(月)~4月10日(金)に開催しました
KUTANIの新しい風 展 のご報告です。
前回に引き続き、本展も3日間に会期を短縮しての開催となりました。
会期の変更や作家の在廊取りやめなどが続き、皆様には大変ご迷惑をおかけしております。

会期中の中央展示台には「疫病退散」の願いを込め、福島武山先生の「不動明王像」を展示しました。

本展では「新しいKUTANIの伝統の風を起こすべく」との思いから集った作家17名の力作が揃いました。
九谷焼らしい細密な技法や、華やかな色彩は、見ても見ても飽きません。
このような時期だからこそ、素敵な作品にはより一層心動かされます。
又、今回はお問い合わせも多く頂戴したため、
来廊頂かずともお楽しみ頂けるよう、メールなどで作品をご紹介させて頂きました。
どうもありがとうございました。
今後もどうぞ気軽にお問い合わせ頂ければ幸いです。

今後の柿傳ギャラリーにつきまして以下の通りご案内させて頂きます。
■「寧楽(なら)づくし 工芸展 ー代をつなぐ」、「留守玲展と市岡真治の擬態」は延期とさせて頂くことになりました。
延期についての詳細なお知らせは こちら をご覧頂ければ幸いです。

弊廊は4月12日(日)〜5月6日(水)の間は臨時休業とさせて頂きます。
臨時休業についての詳細なお知らせは こちら をどうぞご覧くださいませ。

今後の状況次第では、5月以降の展示も変更となる可能性がございます。
その場合は弊廊HPにていち早くお知らせさせて頂きます。
どうぞよろしくお願い申し上げます。皆様もくれぐれもご自愛くださいませ。