柿傳ギャラリーブログ

土田半四郎 [千家十職 袋師友湖] × 健 [聴雪窯] 兄弟展 ご報告

平成30年9月21日(金)

 

平成30年9月12日(水)~ 9月18日(火)に開催しました

土田半四郎 [千家十職 袋師友湖] × 健 [聴雪窯] 兄弟展 のご報告です。

 

千家十職のうちのお一人である土田半四郎先生。

四年前に家業を継がれ、袋師としてご活躍をされています。

 

弟の土田健先生は、陶芸家として唐津で修業を積まれた後、

山形にある「聴雪窯」にて作陶をされています。

今回はそんなご兄弟による二人展を開催しました。

 

 

土田家の家紋に因み、

「竹と笹」をテーマとした作品も多く出品されました。

 

こちらは健先生の作られた茶入れに、半四郎先生が仕覆を誂えた

ご兄弟のコラボ作品です。

 

初日レセプションでは山形の日本酒と、

可愛らしいおむすびにておもてなしをしました。

今回も沢山のお客様にご来廊頂きまして、ありがとうございました。

 

さて、現在ギャラリーでは 伊勢﨑晃一朗 展 を開催しております。

また皆さまどうぞ足をお運びくださいませ。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

唐津 隆太窯 中里 隆 うつわ展 フルート 有田正広・宮戸美晴

平成30年9月9日(日)

 

平成30年9月1日(土)~ 9月8日(土)に開催しました

唐津 隆太窯 中里 隆 うつわ展 フルート 有田正広・宮戸美晴 のご報告です。

 

日本だけに留まらず、世界各国でご活躍されている中里隆先生。

今展ではアメリカから帰国されたその足で

連日在廊をしてくださいました。

 

アメリカ、ブラジル、ドイツなどで焼かれた作品が一堂に会しました。

先生は国内だけでも唐津を始めとして、

種子島や岐阜、徳島などで作陶されています。

 

小さな箸置きやカップは、

不揃いさが逆にとてかわいらしく見えますね。

 

作品タイトルによくある「テラシッジ」とは、

上釉の代わりに、細かな化粧土を施す技法のことだそうです。

上の画像ですと、水指2点がこの「テラシッジ」作品に当たります。

色味や風合いがとても魅力的です。

 

 

有田正広さんと宮戸美晴さんによる、フルートのミニコンサートも大変好評でした。

演奏時間などは決まっていませんでしたので、

タイミング良く居合わせたお客様の喜びもひとしおのようでした。

今回も沢山のお客様にご来廊頂きまして、ありがとうございました。

 

次回は9月12日(水)より

土田半四郎 [千家十職 袋師友湖] × 健 [聴雪窯] 兄弟展 が始まります。

また皆さまどうぞ足をお運びくださいませ。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

桑田卓郎展 湯呑とコップ ご報告

平成30年9月3日(月)

平成30年8月23日(木)~ 8月29日(水)に開催しました

桑田卓郎展 湯呑とコップ のご報告です。

3年ぶりとなる、桑田先生の個展を開催いたしました。

今回のサブタイトルは「湯呑とコップ」。

ポップでメタリックな色遣いのコップが一列に並び、

前回の茶碗展とはがらりと違った雰囲気になりました。

 

型でプレスして作ることにより、

薄づくりでシャープな印象の作品が出来上がります。

 

先生ならではのメタリックな質感の作品は

大変好評を頂いておりました。

プラチナ、パラジウム、金などの素材を使い分けているそうです。

 

第二展示室には、薪窯や手びねりで作られた作品が並びました。

中には、一見桑田先生が作られたとわからないような作品も。

 

茶碗(白金彩点滴茶碗)

湯呑(薪土)

 

茶碗(薪赤)

 

残暑厳しい中、初日から沢山のお客様が見えました。

ご来廊頂きましてありがとうございました。

 

さて、只今のギャラリーでは

唐津 隆太窯 中里 隆 うつわ展 フルート 有田正広・宮戸美晴 を開催しています。

暑さもひと段落しお出かけにはぴったりのこの時期ですので、

どうぞ気軽に足をお運びくださいませ。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

高橋奈己展 白い陰影 ご報告

平成30年8月13日(月)

平成30年8月5日(日)~ 8月12日(日)に開催しました

高橋奈己展 白い陰影 のご報告です。

昨今公募展で入賞の続いている、高橋奈己先生。

作品の凛々しさが際立つ夏の盛りに、5度目となる個展を開催しました。

 

光の当たりによって出来る陰影が、とても印象的です。

どの角度をとっても違った表情を楽しめるので、

是非様々な角度から見て頂きたい作品ばかりです。

 

第二展示室ではお茶道具を中心に展示しました。

どの作品も見た目の印象とは逆に、手にしっくりと馴染みます。

特にお茶碗は、きちんと飲み口まで計算された造形になっています。

 

 

今回もお客様には、冷水で点てたお抹茶をお出ししました。

暑い中ご来廊頂いた皆様、どうもありがとうございました。

 

さて、柿傳ギャラリーは 8/14(火)から8/21(火) の間にお休みを頂戴いたします。

休業の詳細につきましては こちら をどうぞご覧くださいませ。

 

休業が明けまして、8月23日(木)からは 桑田卓郎展 湯呑とコップ が始まります。

どうぞ皆様も、ご体調に気を付けて素敵な休暇をお過ごしくださいませ。

またのご来廊をスタッフ一同、心よりお待ちしております。

金重有邦に学ぶ 斿工房 食のうつわ展 Ⅲ ご報告

平成30年8月4日(土)

平成30年7月27日(金)~ 8月2日(木)に開催しました

金重有邦に学ぶ 斿工房 食のうつわ展 Ⅲ のご報告です。

「斿(ゆう)工房」は、備前の名工 金重有邦先生の門下三名による工房です。

料理映えが良く、日常使いのしやすい器を主に作られています。

 

今回も展示台に乗りきれないほど沢山の作品を持ってきてくださいました。

大皿、向付、小鉢などが所せましと並ぶのは

お料理好きな方にとっては堪らない光景ですね。

 

毎回新作が楽しみな斿工房さんですが、

かぶら文皿、湯呑・カップ類等の定番作品も変わらず好評です。

 

掻き落し茶盌、灰釉茶盌、刷毛目茶盌

 

弊廊にて三度目となる斿工房展、お楽しみ頂けましたでしょうか。

今回も沢山のお客様にご来廊頂きまして、ありがとうございました。

 

次回は8月5日(日)より 高橋奈己展 白い陰影 が始まります。

東京でもまだまだ暑い日続きそうですので、

どうぞ涼みがてらお立ち寄りくださいませ。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。