過去の展覧会

和田 的 陶展 -記 憶-

わだ あきら

会期
Schedule
平成25年7月25日(木)~7月31日(水)
July 25 - July 31, 2013
開廊時間
Opening Hours
午前11時~午後7時まで(最終日は午後5時まで) 会期中無休
ご紹介文
Introduction

白磁の造形に生きる人

和田さんはいま三十四才。陶芸界にあってはいわゆる若手である。私は平成十九年の日本工芸会の新作陶芸展における受賞作品に接して以来注目してきた。彼があえて「白器」と称して挑みつづけている白磁の作風には、試行錯誤はあるものの、どこか確かさと彼ならではの個性が既に表れていて、ずーとぶれることなく歩んでいる。一昨日、秋に菊池美術館で開催することになっている「現代の名碗」展の出品作を拝見したところ、一碗の茶を喫する器としては、いささか生硬であるが、彼の茶碗観がしっかりと表れていて好感をもった。言うまでもないことだが、作品には造った人の「今」の姿がおのずから表れるものなのであり、この個展に出品された作品も、いかにもすっきりとして清らかである。

林屋晴三

略歴
Biography
昭和53年 千葉県生まれ
平成13年 上瀧勝治先生に師事
平成17年 独立する。日本工芸会正会員に認定される
平成21年 第3回 菊池ビエンナーレ 白器「ダイ/台」奨励賞 受賞
        第20回 日本陶芸展「ザ!オブジェ」池田満寿夫賞 受賞
平成22年 第50回 東日本伝統工芸展 白磁「はこ」第50回展記念賞 受賞
      白器「ダイ/台」を宮内庁が買い上げ
      現代工芸への視点 茶事をめぐって(東京国立近代美術館工芸館)
平成23年 第6回 パラミタ陶芸大賞展 大賞受賞(四日市)
     第24回 UBEビエンナーレ(現代日本彫刻展) 山口銀行賞 受賞
現在  日 本工芸会 正会員
パブリックコレクション  宮内庁、パラミタミュージアム(四日市)
作家在廊日
Date Artist
in Gallery
会期中、全日、作家在廊予定
主な出品作品
Main Exhibited
Works
展覧会期間中に展示した主な作品を以下にご紹介致します。
価格は、税別か税込の記載が無い場合は、展覧会開催時点の消費税込みの金額です。
画像をクリックすると拡大写真がご覧になれます。
これらの作品以外にも多数の作品がございます。お客様のお好みをお電話かメールにてお聞かせ頂ければ、より詳細な画像を撮影して、メールにてご案内させて頂きます。
展覧会終了後は、申し訳ありませんが、作品の在庫をお調べするためのお時間を頂ければ幸いです。

わだ あきら1

No.1

作品名白磁器
寸法φ36.8×H23.8(㎝)

わだ あきら2

No.2

作品名白磁器「月」
寸法W15.2×D11.7×H53.5(㎝)

わだ あきら3

No.3

作品名記憶
寸法φ10.2×H30.5(㎝)

わだ あきら4

No.4

作品名白磁香炉「Cube」
寸法W8.5×D8.5×H10.6(㎝)

わだ あきら5

No.5

作品名香合「惑星」
寸法φ8.4×H7.8(㎝)

わだ あきら6

No.6

作品名香合「惑星」
寸法W7.6×D6.8×H7.8(㎝)

わだ あきら7

No.7

作品名香合「惑星」
寸法φ8.0×H8.0(㎝)

わだ あきら8

No.8

作品名香合「惑星」
寸法φ8.2×H7.8(㎝)

わだ あきら9

No.9

作品名香合「惑星」
寸法φ8.2×H8.0(㎝)

わだ あきら10

No.10

作品名白器「表裏」
寸法W9.0×D8.7×H29.0(㎝)

わだ あきら11

No.11

作品名スーパームーン
寸法φ28.6×H28.0(㎝)

わだ あきら12

No.12

作品名太陽
寸法φ27.8×H28.0(㎝)

わだ あきら13

No.13

作品名白磁「表裏」(菓子器)
寸法W30.4×D26.4×H6.3(㎝)

わだ あきら14

No.14

作品名白器「ダイ/台」
寸法W19.4×D17.6×H15.4(㎝)

わだ あきら15

No.15

作品名記憶
寸法W8.6×D8.5×H31.0(㎝)

販売方法につきまして

DMや当サイトに掲載している作品は、会期が始まる前の事前予約を承っております。概ね、会期初日の二十日前頃にお客様へDMを発送し、ほぼ同時期に当サイトに情報をアップしております。
実際に弊廊にお出かけ頂けない方には、お電話やメールでのご注文も喜んで承ります。
皆様からのお問い合わせを心よりお待ち申し上げております。