今後の展覧会

大野家の食卓Ⅱ 大野佳典・香織 展

Welcome to Ohno’s table Ⅱ Pottery by Ohno Yoshinori & Ohno Kaori

サムネイル

会期
Schedule
令和3年8月22日(日)~8月28日(土)
August 22 - August 28, 2021
開廊時間
Opening hours
午前11時~午後7時まで(最終日の8月28日は午後5時まで)
会期中無休
Open daily 11 am to 7 pm except for August 28, when the gallery will close at 5 pm.
出品作家
Artist
大野佳典 Ohno Yoshinori
大野香織 Ohno Kaori
ご紹介文
Introduction

大野佳典さんと香織さんは、茨城県のつくばで作陶される仲睦まじい陶芸家ご夫妻です。

素敵なご自宅兼工房で、二人のお子さん達を育てながら、黙々と作陶に勤しんでおられます。

 

さて、弊廊で三年振りとなる本展は「大野家の食卓㈼」と題し、最新作の食のうつわを中心に約150点を発表致します。

これまで、佳典さんはモダンでシャープな造形を削り出す白磁の作品で、香織さんは使いやすい黒色の焼締陶で、それぞれ人気を博してきました。

今回はこれらに加えて、ご主人は「流々」と名付けた未発表の白色のうつわを、奥様は「GAIA」と名付けた大地を感じる作品を世に問います。

 

先日、お二人揃って弊廊にお越し頂いた際も、香織さんはいつもながらお似合いの着物姿でお出掛け頂きました。

茶の湯の道もまっすぐに歩まれており、和装の立ち居振る舞いが板につき、なかなか出来る事では無いと感心しています。

 

残暑厳しき折で恐縮ですが、どうぞ大野家の食卓をご覧頂ければ幸いです。

 

店主 安田尚史

略歴
Biography
■大野佳典 
Ohno Yoshinori
昭和53年 福岡県に生まれる
平成12年 伊藤東彦氏に師事
平成25年 第1回 陶美展 入選(以後8回)、第60回 日本伝統工芸展 入選(以後6回)
平成26年 第54回 東日本伝統工芸展 東日本支部長賞
平成28年 第9回 現代茶陶展 優秀賞
平成29年 第5回 陶美展 インテリアアクア賞、第2回 上海国際陶芸展 特別賞
令和3年 第8回 陶美展 高島屋賞

■大野香織 
Ohno Kaori
兵庫県神戸市出身
関西学院大学卒業後、OLを経て笠間にて修業
平成14年 茨城県工業技術センター 窯業指導所 成形㈼科 修了、堤綾子氏に師事
平成16年 茨城県笠間市にて独立
平成20年 穴窯を築窯 
平成24年 茨城県つくば市に移築、陶芸教室 つくば陶スタジオ 主宰
作家在廊日
Date artist
in gallery
会期中、佳典か香織のどちらかが、全日在廊予定
※ 恐れながら、コロナ禍の影響で、変更になる可能性がございます。
お知らせ
Notice
■コロナ禍による開催内容の変更の可能性
恐れながら、コロナ禍の状況で、さらなる営業自粛を要請された場合などは、会期と営業時間の変更や、最悪の場合オンライン展示のみの可能性もございます。どうかご理解を頂ければ幸いに存じます。
お手間をおかけして恐縮ですが、最新情報は、このホームページや公式SNSにて発信致しますので、此方をご確認頂ければ幸いです。


■新型コロナウィルス感染予防対策
ご来廊される皆様に、弊廊でのひとときをより安心してお楽しみいただけますよう、下記の新型コロナウィルス感染予防対策を実施しております。恐れ入りますが、お客様のご理解とご協力を頂けますよう、よろしくお願い申し上げます。

1 大切なお客様へのお願い
・弊廊入口とビル入口に、アルコール消毒液を設置しております。ご来廊の際は、恐縮ですが、手指の消毒をお願い申し上げます。
・お出かけの際は、マスクのご着用をお願い申し上げます。
・現在、発熱がある場合や体調がすぐれない方は、申し訳ありませんが、ご来廊を見合わせて頂きますよう、お願い申し上げます。
・過去2週間以内に、発熱や風邪で受診や服薬等をした方、および海外への訪問歴のある方は、ご来廊をお見合わせ頂きますよう、お願い申し上げます。
・店内の混雑緩和のため、出来る限り、少人数でのご来店をお願い申し上げます。
・コロナ禍までは、お客様にお出ししていた玉露などの呈茶のサービスを、申し訳ありませんが、当面の間、控えさせて頂きます。


2 弊廊として取り組んでいる事

① 高機能換気システム「ロスナイ」
弊廊に高機能換気システム「ロスナイ」(三菱電機製)を令和3年1月6日に3基、導入致しました。
この新しく強力な換気設備により、15〜20分に一回は、弊廊内の全ての空気が入れ替わる事になります。
加えて、入口ドアは常時開放し、一層の換気に務めております。

② 二酸化炭素濃度計
カウンター上に、令和3年4月2日より二酸化炭素濃度計を新設致しました。
概ね、弊廊の二酸化炭素濃度計は450〜550ppmを指し示していますので(室内はおおよそ1,000ppmが二酸化炭素濃度の目安です)、どうかご安心して弊廊での一時をお楽しみ頂ければと存じます。

③ サーモグラフィー
ご来廊されるお客様用のサーモグラフィーを令和3年5月12日に新設致しました。
サーモグラフィーは、弊廊の入口右手の壁面に設置していますので、恐れながら、ご来廊の際は検温のご協力をどうぞよろしくお願いいたします。
誠に恐縮ですが、37.5度以上のお客様のご入場はお控え頂いております。どうかご理解を賜れればと存じます。

④ 消毒用アルコール
手指消毒用のアルコールは、資生堂SHISEIDOさんの消毒液を使用しています。
手に優しい保湿成分配合との事で、皆様からご好評を頂いております。

⑤ 日常清掃
日常清掃をより強化致します。
お客樣やスタッフが頻繁に手を触れる、エレベーターのボタン、テーブルと椅子、入口ドアとトイレの取っ手、筆・ペンなどのアルコール除菌を営業中にも定期的に行います。

⑥ 入場制限
弊廊内が多くのお客様で混雑し、密になると判断すれば、弊廊への入場制限をお願いする場合もあります。

⑦ スタッフの体調管理とPCR検査
弊廊スタッフはマスクを着用し、検温や体調管理、アルコールによる手指消毒を徹底して、接客に務めさせて頂きます。
令和3年6月30日、スタッフ全員のPCR検査(にしたんクリニック)を行い、全員、問題ありませんでした。
なお、今後も四季折々にPCR検査を実施してまいります。


皆様のご来廊を心よりお待ち申し上げております。
DMこの展覧会のDMを見る(PDF)