今後の展覧会

長坂大山 游刻展 Ⅳ

サムネイル

会期 令和3年1月6日(水)~1月12日(火)
January 6 - January 12, 2021
開廊時間午前11時~午後7時まで(最終日の1月12日は午後5時まで)
会期中無休
Open daily 11 am to 7 pm except for January 12, when the gallery will close at 5 pm.
出品作家長坂大山
Nagasaka Taizan
ご紹介文

友人のビショップ康史(雅号:長坂大山)さんが、令和三年、新年早々に新宿「柿傳ギャラリー」で「長坂大山 游刻展 Ⅳ」を開催します。

 

「游刻(ゆうこく)」とは日本の伝統や封建的な型にはまらない、現代的でかつ、ユーモアがあり「物語性」を感じさせる、なんともウイットに富んだ刻印で、世界で唯一、ビショップ康史さんが考案したパーソナルなロゴマークという概念です。

 

この「游刻作品」の数々に目をやると所有者のことが、気になりだします。

いうまでもなく、たった数ミリから数センチの中に「刻み込まれ、創り出されたアイデア豊富な造形宇宙」から、その依頼者の貌やアクティビティがイメージされ、浮上してくるのです。

 

ちなみに、何と言っても一番気になるのは、このような刻印世界を緻密に彫り続ける多彩な「游刻(ゆうこく)人」ビショップ康史さんという人物ではないかと思います。

 

工藤強勝(桑沢デザイン研究所 第11代所長)

略歴昭和28年 父と祖母は声楽家、母と祖父は画家という長坂家に生まれる
昭和45年 舞台美術家・朝倉摂氏に師事
昭和48年 桑沢デザイン研究所 インダストリアルデザイン研究科卒業
昭和50年 株式会社婦人画報社入社
平成23年 アシェット婦人画報社(旧婦人画報社)退職
平成24年 株式会社ビショップ設立
多様な業務のほかに游刻家(石アーティスト)としても活動
手彫りのパーソナル・ロゴマークで各方面とコラボレーションを展開
作家在廊日会期中、全日、在廊予定
DMこの展覧会のDMを見る(PDF)

販売方法につきまして

DMや当サイトに掲載している作品は、会期が始まる前の事前予約を承っております。概ね、会期初日の二十日前頃にお客様へDMを発送し、ほぼ同時期に当サイトに情報をアップしております。
実際に弊廊にお出かけ頂けない方には、お電話やメールでのご注文も喜んで承ります。
皆様からのお問い合わせを心よりお待ち申し上げております。