今後の展覧会

藤本能道 生誕100周年記念 弟子一門展(仮称)

会期 令和元年12月21日(土)~12月27日(金)
開廊時間午前11時~午後7時まで(最終日の12月27日は午後5時まで)
会期中無休
出品作家故 高橋 誠、伊藤北斗、梅本孝征、影山明志、末岡信彦、橋詰正英、廣瀬義之
※ 恐れ入りますが、高橋誠作品は販売せず展観のみとなります。

この度、藤本能道先生の生誕百年の最後の月に弟子一門展を柿傳ギャラリー安田尚史さんのお計らいで開催頂ける事になりました。

大変喜ばしく、有難い限りです。


先生が亡くなられて27年、弟子達はそれぞれが独立して先生の薫陶を引き継ぎながら、自分の世界観を出し作陶に励んでいます。

内弟子だけでなく藝大の陶芸講座の卒業生は皆、考え方、呑み方(笑)と何かしらの影響を受けていたと思います。

私も内弟子ではありませんでしたが、よく呑みに連れて行って頂きいろいろ学ばせて頂きました。


藤本先生は、愛されキャラクターでしたから、弟子達は本当にすべての時間と労力を先生の仕事に費やしていました。

アカデミックな教育を受けた弟子自身の制作を、どの様に考えていらっしゃったのかはうかがい知れませんが、今も皆が精力的に作陶を続けているのをみると、作家としてだけでなく、指導者としても素晴らしかったのだと改めて認識しています。


全盛期は沢山のよい仕事をされ、バブルとも相まってオープニングパーティーなども豪華でとても景気が良く、それだけで陶芸界全体が元気になりました。

あの頃の雰囲気までとはいきませんが、また皆で集まり、先生の思い出話をしながら少し派手にやりたいものです。

会場も素晴らしく、作品もバラエティにとんでいます。

是非ご高覧頂きたく宜しくお願い致します。 

                      日本工芸会 常任理事 前田正博