今後の展覧会

瀬津純司 陶展 ー妖麗ー

サムネイル

会期 令和元年9月30日(月)~10月6日(日)
開廊時間午前11時~午後7時まで(最終日の10月6日は午後5時まで)
会期中無休
略歴昭和50年 京都に生れる
平成10年 京都精華大学美術学部陶芸専攻卒業
平成14年 日本伝統工芸近畿展「新人奨励賞」
平成27年 現代茶陶展「TOKI織部優秀賞」、マイヤー×信楽大賞展 入選
平成28年 現代茶陶展「TOKI織部奨励賞」、現在形の陶芸 萩大賞展㈿ 入選
平成30年 日本陶磁器協会奨励賞関西展 入選
作家在廊日会期中、全日、在廊予定
DMこの展覧会のDMを見る(PDF)

バケツをひっくり返した様な土砂降りの中、水無月の晦日に京都の瀬津さんを訪ねました。

彼の工房は山科にあり、京都駅から車で15分、東に向かっただけで、こんなにも風光明媚な場所に出るのかと驚きを禁じえません。

久々に優しい笑顔の瀬津さんにお目にかかり、新作の事、京都の事、茶の湯の事、色んな話に花が咲きました。

 

その作品の魅力は、茶碗、花入や酒器などの側面に墨流しの技法で彩られる美しく妖しい景色でしょう。

その形はロクロ成形ではなく、板状に延ばした土を接着させるタタラ作りによるもので、故 林屋晴三先生が瀬津茶碗を「今織部」と仰った事が私の心に響いてきます。

 

さて、弊廊で三回目となる本展では、副題を「妖麗」と名付けました。

これまで黒や白のくっきりとした地に墨流しの絵を描かれていましたが、本展ではこれらに加えて、備前焼を想起する茶色の地に墨流しを描かれ、まさに「妖しい」新境地を開きました。

一生懸命、作陶に打ち込む瀬津さん。

どうぞご清覧頂ければ幸いです。

店主 安田尚史