今後の展覧会

奈良祐希・松村淳 展

サムネイル

会期 平成31年4月23日(火)~4月29日(月)
開廊時間午前11時~午後7時まで(最終日の4月29日は午後5時まで)
会期中無休
略歴■奈良祐希

平成元年 石川県金沢市生まれ
平成25年 東京藝術大学 美術学部 建築科 卒業
平成28年 多治見市陶磁器意匠研究所 卒業
平成29年 東京藝術大学 大学院 美術研究科 建築専攻 首席卒業

個展
平成30年 ピエール・イヴ・カーエギャラリー(パリ)

グループ展
平成28年 美濃陶芸の明日展(美濃焼ミュージアム、多治見市)
     うつわ その先に 陶—魂のかたち(日本橋三越本店、東京都)
     SOFA CHICAGO(Navy Pier/Chicago, USA)
平成29年 COLLECT(Saatchi Gallery/London, UK)
     TEFAF Maastricht(Maastricht, Netherlands)
     アートフェア東京(東京国際フォーラム、東京都)
     Design Miami/Basel(Art Basel, Switzerland)
     ASIA NOW(Paris, France)
     新磁器 木野智史 奈良祐希(現代美術艸居、京都府)
     KOGEI Art Fair Kanazawa(KUMU/Kanazawa,Japan)
平成30年 アートフェア東京(東京国際フォーラム、東京都)

受賞/入選歴
平成21年 東京藝術大学 安宅賞
平成23年 第13回シェルター国際建築設計競技 奨励賞
平成25年 NIIGATA オフィスアートストリート 最優秀賞
平成27年 第6回菊池ビエンナーレ(菊池寛実記念智美術館、東京都)
平成29年 第3回金沢・世界工芸トリエンナーレ 秋元雄史審査員特別賞
     東京藝術大学大学院 吉田五十八賞

コレクション
根津美術館


■松村 淳   

昭和61年 千葉県船橋市生まれ(現在、埼玉県で制作)
平成22年 University of South Alabama 卒業
平成27年 多治見市陶磁器意匠研究所 修了
     金沢卯辰山工芸工房 入所
平成30年 金沢卯辰山工芸工房 修了

個展
平成29年「ishoken Gallery vol.5 松村淳」多治見市陶磁器意匠研究所(岐阜)
    「MOMENT」Giant Year Gallery(香港)

グループ展
平成27年「美濃陶芸の明日展2015」 多治見市美濃焼ミュージアム(岐阜)
平成28年「やきものの現在 土から成るかたち-PartⅩⅣ」ギャラリーヴォイス(岐阜)
    「津守秀憲 坂野有美 松永圭太 松村淳 展」 ギャラリー数寄 (愛知)
    「シブヤスタイル vol.10」西武渋谷店(東京)
    「美濃陶芸の明日展2016」 多治見市美濃焼ミュージアム(岐阜)
    「高橋悠眞 松村淳 二人展 NEW BEGINNING -新しいはじまり- morgenrot(東京)
     Fine Art Asia 艸居 Convention and Exhibition Centre(香港)
平成29年 TEFAF Maastricht 艸居 MECC MAASTRICHT(オランダ)
     ART BEIJING 艸居 Agricultural Exhibition Centre of China(’16 北京)
     COLLECT 艸居 Saatchi Gallery(ロンドン)
     現代金沢工芸展 艸居 西武渋谷店 (東京)
     KOGEI Art Fair Kanazawa 艸居(金沢)
平成30年 アートフェア東京 艸居 東京国際フォーラム(’17 東京)

受賞/入選歴
平成27年「マイヤーx信楽大賞 日本陶芸の今-伝統と革新」入選
平成28年「第3回 金沢•世界工芸トリエンナーレ」入選
作家在廊日奈良祐希:4月29日(月)
松村 淳:4月23日(火)、26日(金)、28日(日)、29日(月)
DMこの展覧会のDMを見る(PDF)

若者は冒険を好みます。

それが吉と出るか凶とでるかは彼らの才能と感性に関わってきます。

造形力と表現力を土の塑性に合わせて攻めて行く2人の作品は真の芸術領域に辿り着くものと思います。

御高覧頂ければ幸いです。

 

藤田裕一(現代美術 艸居)