過去の展覧会

安食 ひろ 絵の在る茶碗展

あじき ひろ

会期
Schedule
平成23年2月19日(土)~2月25日(金)
February 19 - February 25, 2011
開廊時間
Opening Hours
午前11時~午後7時まで(最終日は午後5時まで) 会期中無休
ご紹介文
Introduction

絵の在る茶碗

 昨年、安食さんの個展に、器と箱に絵を描いた茶碗が出品されていた。いかにも安食さんらしい雅味のある絵付で、茶碗だけではなく、箱にも絵が描かれているのが面白く、早速柿傳ギャラリーの安田さんに伝え、此の度の展覧会の日程などあらかたが決った。

私が彼に注文をつけたのは、とにかく楽しく一碗の薄茶の飲める茶碗というということであった。 その後安食さんはすぐ出雲の里の工房にこもって懸命に素地をつくり、絵を描いた茶碗を造り出した。

ところが、彼は気軽に出来ると思っていたようであるが、全てが楽しく楽しく茶を飲めるということは、思いの他難しいことであったらしく、途中で見せられたものは未だしものであった。

こうしてさらに数ヶ月、彼は想いを込めて造りつつある。

一作一作、全て安食ひろの茶碗なのであり、人の心を魅了するものであることを願って私は展覧会の初日を待っている次第である。

                                                                 林屋晴三

 

 今回の茶碗展、林屋先生の思いやりの策略かも知れない。先生との出合いは、二十五年位前、松江の田部美術館での、茶の湯の造形展で、この水指のつまみは面白いから、つまみに大賞を出そう・・・とそれ以来である。

 会う度ごとに「もっと深く想いをもって作りなさい」と言われ続けてきた。こちらも、一寸意地になって、それからは、茶碗だけと決めて作り続けてきた。

 昨年の個展に、ひょっこりといらした先生は、私がもっとも力を入れている黒い塩釉碗とか、バサラの碗とかではなく、入口近くに並べていた、軽いサービス品といった感じで作っていた絵のある茶碗「これいいね」と一つ求めて頂いた。そしてこの茶碗だけで個展をしてみたら・・・ということで今回の個展となった訳である。しかし数日後に手紙が届き、あの茶碗でお茶を飲んでみたが、美味しくなかった・・・と。おいしくないと言われると、返す言葉もない。早速一窯たいて、内六個を送ると、四個が返されてきた。

 美しく感じるということは・・・

 楽しく飲めるといふことは・・・

 色々と試行錯誤してる内に、いつしか林屋先生の眼を気にするのでなく、お茶を飲む、その時の情景を想い、自らが誰かに一服点てるつもりで・・・忘れかけてた想いを、少しばかりではあるが思い出させてもらった。

 ロクロは、ゆったりと、高台はいさぎよく、絵を画き過ぎず余韻をもって、一服のお茶が丁度納まる様に、飲んだ後、碗を回して拝見しても楽しい様に、箱は茶碗と同じではなく、それに呼応する様に、そして今回、茶碗のいくつかは、高温で窯から出して、水につけて急冷する引き出しとした。茶碗自体が楽焼のように柔らかくなる。

 今回並べるものがそれに値するかしないかは自信はないけれど、お陰でいい再出発となりそふである。

 先生八十二才、小生六十二才

 一期一会のこの機会、楽しい一服とゆきたいものである。

                                                                    ひろ拝

作家在廊日
Date Artist
in Gallery
会期中、全日、作家在廊予定
主な出品作品
Main Exhibited
Works
展覧会期間中に展示した主な作品を以下にご紹介致します。
価格は、税別か税込の記載が無い場合は、展覧会開催時点の消費税込みの金額です。
画像をクリックすると拡大写真がご覧になれます。
これらの作品以外にも多数の作品がございます。お客様のお好みをお電話かメールにてお聞かせ頂ければ、より詳細な画像を撮影して、メールにてご案内させて頂きます。
展覧会終了後は、申し訳ありませんが、作品の在庫をお調べするためのお時間を頂ければ幸いです。

安食展 ①

No.1

作家名安食ひろ
作品名おはぐろ
価格84,000円
寸法φ17.0×H6.4(㎝)

安食展 ②

No.2

作家名安食ひろ
作品名有明の海
価格84,000円
寸法φ14.6×H8.6(㎝)

安食展 ③

No.3

作家名安食ひろ
作品名五合庵
価格105,000円
寸法φ13.3×H8.8(㎝)

安食展 ④

No.4

作家名安食ひろ
作品名ひとり遊び
価格84,000円
寸法φ15.7×H8.4(㎝)

安食展 ⑤

No.5

作家名安食ひろ
作品名鳥勘左エ門
価格84,000円
寸法φ13.3×H8.3(㎝)

安食展 ⑥

No.6

作家名安食ひろ
作品名沢蟹
価格105,000円
寸法φ11.6×H8.5(㎝)

安食展 ⑦

No.7

作家名安食ひろ
作品名一草堂
価格105,000円
寸法φ16.8×H7.2(㎝)

安食展 ⑧

No.8

作家名安食ひろ
作品名
価格84,000円
寸法φ14.4×H8.1(㎝)

安食展 ⑨

No.9

作家名安食ひろ
作品名春隣
価格105,000円
寸法φ17.1×H6.7(㎝)

安食展 ⑩

No.10

作家名安食ひろ
作品名茶の友
価格84,000円
寸法φ11.7×H8.0(㎝)

安食展 ⑪

No.11

作家名安食ひろ
作品名鼡井戸
価格168,000円
寸法φ15.4×H9.8(㎝)

安食展 ⑫

No.12

作家名安食ひろ
作品名塩釉バサラ
価格315,000円
寸法φ12.2×H10.0(㎝)

販売方法につきまして

DMや当サイトに掲載している作品は、会期が始まる前の事前予約を承っております。概ね、会期初日の二十日前頃にお客様へDMを発送し、ほぼ同時期に当サイトに情報をアップしております。
実際に弊廊にお出かけ頂けない方には、お電話やメールでのご注文も喜んで承ります。
皆様からのお問い合わせを心よりお待ち申し上げております。