今後の展覧会

五味謙二 陶展

サムネイル

会期 平成31年3月25日(月)~ 4月1日(月)
開廊時間午前11時~午後7時まで(最終日31日は午後5時まで)
会期中無休
略歴昭和53年 長野県生まれ
平成13年 早稲田大学 人間科学部 卒業
平成23年 第4回 菊池ビエンナーレ 奨励賞、第21回 日本陶芸展 準大賞・日本陶芸展賞
平成25年 第5回 菊池ビエンナーレ 優秀賞
平成26年 第7回 現代茶陶展 TOKI織部大賞、第10回 国際陶磁器展 美濃陶芸部門 グランプリ
平成27年 茨城県笠間市にて制作開始
平成31年 第25回 日本陶芸展 大賞・桂宮賜杯
現在、茨城県立 笠間陶芸大学校 特任教授
作家在廊日3月25日(月)、30日(土)、31日(日)
DMこの展覧会のDMを見る(PDF)

いつもさわやかな笑顔を絶やさぬ五味さんは、たおやかなフォルムの作品で脚光を浴びる若手の陶芸家です。

若手若手と思っていたら、もう四十路に入られたそうで、これからの将来がますます楽しみな作家でもあります。

ご自身の作陶活動に加え、茨城県立・笠間陶芸大学校の特任教授として、日夜教壇に立ち、学生達の熱き指導にも奮励されておられます。

 

その作品の魅力は、うねるフォルムと、かせた肌合いかと思います。

この美しい三次元の曲面を焼締め陶で作られるのは大変なご努力でしょうし、このフォルムと肌合いが互いに響き合い、えも言われぬ存在感を放つのでしょう。

 

さて、弊廊で三年ぶりとなる本展では、大作のオブジェ、そして私も愛用している茶陶や酒器などの最新作70点を発表致します。

先日、弊廊に遊びにきてくださった五味さん。満面の笑顔で「お陰様で日陶展の大賞を頂く事が出来ました!」との嬉しいご報告。

私も最高に嬉しく、二人で小躍りしました。

心よりお祝いを申し上げる次第です。

 

店主 安田尚史