開催中の展覧会

鬼丸尚幸 陶展 青白磁のかたち

サムネイル

会期 平成30年12月12日(水)~ 12月18日(火)
開廊時間午前11時~午後7時まで(最終日18日は午後5時まで) 会期中無休
略歴鬼丸尚幸 Onimaru Takayuki

昭和52年 福岡県朝倉郡小石原村(現在の東峰村)生まれ
平成17年 東京藝術大学 大学院 美術研究科 修士課程陶芸専攻 修了
平成20年 同学 博士学位論文「彫文を活かした青白磁の制作研究」発表 博士号取得
平成22年 第4回 菊池ビエンナーレ 入選(東京 菊池寛実記念 智美術館)
平成23年 茶の湯の現代-用と形- 入選(東京 菊池寛実記念 智美術館)
平成24年 第47回 西部工芸展 日本工芸会賞、第29回 西日本陶芸美術展 大賞
平成26年 青白磁面取角皿「向」宮内庁お買い上げ
平成29年 日本陶芸展 優秀作品賞 文部科学大臣賞
作家在廊日会期中、全日在廊予定
出品作品茶碗、花入、鉢、壺、向付、皿、ぐい呑、湯呑、カップ&ソーサーなど
DMこの展覧会のDMを見る(PDF)

鬼丸さんが作陶する福岡の小石原焼は、歴史をひもとくと、1682年に伊万里の陶工を招聘して始まったそうで、博多から車で1時間程、東南東(北北西ではありません)に走った所にあります。

残念ながら、昨年の九州北部豪雨で鬼丸さんの工房も濁流にのまれ、多くの作品や道具が流されてしまったそうです。

誠に痛ましい事であり、心から御見舞を申し上げる次第です。


そんな小石原焼の窯元の中で、伝統の小石原焼とは一線を画し、モダーンな青白磁の作品を懸命に創り、キラリと光る新進気鋭の陶芸家が鬼丸さんです。

私が初めて彼の作品を拝見したのは、智美術館での公募展「茶の湯の現代」展で入選された青白磁の水指でした。

平水指として夏に使ったら、さぞ涼しげで面白いと感じた事が思い出されます。

爾来、彼は青白磁の作品を中心に発表し、様々な公募展で入賞を繰り返されている事は、愛陶家の皆様にはご案内の通りでしょう。


弊廊で初個展となる今回は、最新作70点を世に問います。

師が走るお忙しい時期で恐縮ですが、皆様のご来廊をお待ち申し上げております。

 

店主 安田尚史