今後の展覧会

大角幸枝 × 前田正博 茶の湯のかたち展 Ⅱ

サムネイル

会期 平成30年11月12日(月)~ 11月18日(日)
開廊時間午前11時~午後7時まで(最終日18日は午後5時まで) 会期中無休
略歴大角幸枝 [金工]
昭和20年 静岡県に生まれる
昭和44年 東京藝術大学 美術学部芸術学科 卒業
     鹿島一谷、関谷四郎、桂盛行に師事する
昭和62年 第34回日本伝統工芸展 日本工芸会 総裁賞
平成3年 第4回 MOA岡田茂吉賞 優秀賞
平成22年 紫綬褒章 受章
平成27年 重要無形文化財保持者(鍛金)認定
平成29年 旭日小綬章 受章

前田正博 [陶芸]
昭和23年 京都府久美浜町に生まれる
昭和50年 東京藝術大学 大学院 工芸科陶芸専攻 修了
平成17年 第1回 菊池ビエンナーレ 優秀賞
平成21年 第56回日本伝統工芸展 日本工芸会 総裁賞
平成22年 第17回 MOA岡田茂吉賞 MOA美術館賞
平成23年 日本陶磁協会賞
平成27年 第6回 創造する伝統賞
平成29年 第37回 伝統文化ポーラ賞 優秀賞
作家在廊日大角幸枝・・・全日在廊予定
前田正博・・・12日(月)~14日(水)、17日(土)在廊予定
DMこの展覧会のDMを見る(PDF)

大角先生はひたすら金属の板を叩き、前田先生はひたすら色を重ね、それぞれこの日本いや世界で高い評価を得ている素晴らしき作家です。

拙い私は敬愛するお二方とのご縁を林屋晴三先生から頂き、それぞれの素敵な作品を日頃の自分の茶の湯で愛用しております。


昨今、大角先生は、ますます作品の風格が高まり、茶の湯への想いも深まって、昨冬は根津美術館で釜をかけられました。

前田先生は、ますます茶陶に磨きがかかり、横浜に瀟洒なギャラリー「磁器研究所」も開設されました。

 

お二方に共通するのは、美しく気高い工芸と茶の湯を後世に伝え、讃えたいという熱き思いで、私も強く共感しております。

どうぞご清覧戴ければ幸せです。

 

店主 安田尚史