今後の展覧会

澤田勇人 陶展 白と黒

サムネイル

会期 平成30年11月3日(土)~ 11月9日(金)
開廊時間午前11時~午後7時まで(最終日9日は午後5時まで) 会期中無休
略歴澤田勇人 Sawada Hayato

昭和53年 茨城県笠間市に生まれる
平成17年 第18回 日本陶芸展 入選、第52回 日本伝統工芸展 入選
平成24年 第40回 伝統工芸陶芸部会展 日本工芸会賞
平成25年 第5回 菊池ビエンナーレ 奨励賞
作家在廊日会期中、全日、在廊予定
出品作品茶碗、花入、水指、酒器など
DMこの展覧会のDMを見る(PDF)

まだまだ暑かった葉月の午後。

なぜだか私は、ヒッチコックの映画「北北西に進路を取れ」の主人公、ケーリーグラントの気分で、シカゴ行きの寝台特急(本当は勝田行の特急ときわ号)に渋面で乗り込みました。

水戸の少し北にある勝田(本当は新宿から勝田は北北東)で作陶する若手陶芸家の澤田勇人さんを訪ねるためです。


勝田駅まで笑顔で出迎えてくれた澤田さん。

相変わらず、キリッとした気分の良い好青年です。

清潔感溢れるスタイリッシュな工房で、自ら淹れて頂いた香り高きコーヒーを飲みながら、造形への強い拘りなど、作陶談義に花が咲きました。


これまで彼は、色彩溢れる造形的な作品で公募展の入賞を繰り返し、人気を博してきました。

弊廊で初個展となる今展も、まさに色とりどりな作品をご出品いただけるかと思いきや、工房には、見たこともない素敵な白色と黒色の作品が並んでいました。

あえて色を抜いたこれらの最新作を私は気に入り、従来の色彩の作品も発表しますが、今展のタイトルを「白と黒」としました。


最新作の「白と黒」の茶碗を手に取ると、高台周りなど荒削りな部分もありますが、そこがまた魅力で、一風ある一碗に仕上がっていました。

「北北西に進路を取れ」では大団円を迎えますが、さて今展はどうなりますでしょうか・・・。

私もとても楽しみにしています。

 

店主 安田尚史