過去の展覧会

移転十周年 謝恩企画 第一弾 旧「角筈窯」蔵出し食器市

サムネイル

会期 平成30年4月3日(火)~ 4月9日(月)
開廊時間午前11時~午後7時まで(最終日4月9日は午後5時まで) 会期中無休
DMこの展覧会のDMを見る(PDF)

皆様のお陰で、弊廊が、はす向かいの大安ビルから今の地に移転して、4月で十周年を迎える事が出来ました。

まだまだ至らぬ所の多いギャラリーですが、ここまで何とか歩んで来られたのも、お世話になっているお客様、素敵な作品を作って頂く作家の皆様、そして、取引先の皆様のお陰と心より感謝申し上げます。ありがとうございます。


さて、この移転十周年に際し、謝恩企画の第一弾として、昔、弊廊が経営していた角筈(つのはず)窯で焼かれた「蔵出し食器市」を開催致します。


角筈とは、昔のこの辺りの地名であり、昭和48年に町名が今の新宿に変わるまで、角筈の名が確かにこの地にはありました。

亡き両親が大安ビルに窯を築き、昭和55年から平成2年まで、新宿三越様や日本橋三越様で角筈窯展も開催して頂きました。

その後、角筈窯は閉めましたが、今回は、蔵出し食器市として、その角筈窯で焼かれた新宿焼の食器を十周年の謝恩価格(一客が税込1000円、2000円、3000円ほか)で販売致します。


新宿で大人の道草を楽しめる様、次の十年を見据え、我々もさらに精進を重ねて行きたいと思います。

まだまだ未熟な私と未熟な柿傳ギャラリーですので、引き続き、厳しくご指導を頂ければ幸いに存じます。

皆様のご来廊を心よりお待ちしております。

 

店主 安田尚史