過去の展覧会

加藤 一郎 作陶展

かとう いちろう

会期
Schedule
平成22年10月2日(土)~10月8日(金)
October 2 - October 8, 2010
開廊時間
Opening Hours
午前11時~午後7時(最終日は午後5時まで)会期中無休
ご紹介文
Introduction

洗練された作風

加藤一郎さんは、布目地に色絵彩色した陶法を伊藤東彦さんから学び、平成16年頃から 一風ある作品を作って注目されるようになった。今や、日本工芸会正会員の中堅作家と して脚光をうけている。

私は、早くから彼の作品が好きで、菓子器や花器を茶の湯同好会の茶会に用いてきたが、 この度は、作風が多種になり、加飾も洗練されてきた。ことに茶碗は形姿、文様に品性 が備わり、当世の茶碗として多くの人々を魅了するに違いない。

東京国立博物館 名誉館員 / 菊池寛実記念 智美術館 館長 林屋 晴三

略歴
Biography
昭和47年  山口県生まれ
平成 4年  京都芸術短期大学卒業
平成 7年  茨城県窯業指導所修了、伊藤東彦氏に師事     
平成11年  陶芸財団展 知事賞受賞
平成14年  茨城県芸術祭美術展覧会 優賞受賞
        日本伝統工芸展入選 以後8回入選
平成16年  伝統工芸新作展 三越賞受賞、朝日陶芸展 奨励賞受賞
平成18年  新作陶芸展 日本工芸会賞受賞
平成19年  おおたき北海道陶芸展 北海道知事賞受賞
平成20年  おおたき北海道陶芸展大賞 北海道知事賞受賞
        五都美術商連合会 第8回21世紀展出品
作家在廊日
Date Artist
in Gallery
会期中、全日在廊予定
主な出品作品
Main Exhibited
Works
展覧会期間中に展示した主な作品を以下にご紹介致します。
価格は、税別か税込の記載が無い場合は、展覧会開催時点の消費税込みの金額です。
画像をクリックすると拡大写真がご覧になれます。
これらの作品以外にも多数の作品がございます。お客様のお好みをお電話かメールにてお聞かせ頂ければ、より詳細な画像を撮影して、メールにてご案内させて頂きます。
展覧会終了後は、申し訳ありませんが、作品の在庫をお調べするためのお時間を頂ければ幸いです。

加藤一郎①

No.1

作品名金彩花器
価格609.000円
寸法W23.0×D30.0×H51.0(cm)

加藤一郎②

No.2

作品名金彩花器
価格225.750円
寸法Φ19.0×H32.5(cm)

加藤一郎③

No.3

作品名布目彩色花器
価格131.250円
寸法Φ14.5×H24.7(cm)

加藤一郎④

No.4

作品名手前・奥共 白釉白金彩瓶 
価格手前・奥共 15.750円 
寸法手前Φ8.4×H14.2(cm)           奥Φ7.6×H14.2(cm)

加藤一郎⑤

No.5

作品名白釉白金彩花器
価格42.000円
寸法Φ10.2×H24.6(cm)

加藤一郎⑥

No.6

作品名布目彩色水指
価格78.750円
寸法Φ15.2×H18(cm)

加藤一郎⑦

No.7

作品名布目彩色台皿
価格39.900円
寸法W26.5 ×D16.5×H2.0(cm)

加藤一郎⑧

No.8

作品名布目彩色茶碗
価格48.300円
寸法Φ11.5×H7.6(cm)

加藤一郎⑨

No.9

作品名布目彩色茶碗
価格48.300円
寸法Φ12.0×H7.7(cm)

販売方法につきまして

DMや当サイトに掲載している作品は、会期が始まる前の事前予約を承っております。概ね、会期初日の二十日前頃にお客様へDMを発送し、ほぼ同時期に当サイトに情報をアップしております。
実際に弊廊にお出かけ頂けない方には、お電話やメールでのご注文も喜んで承ります。
皆様からのお問い合わせを心よりお待ち申し上げております。