過去の展覧会

二◯一◯ 唐津焼のいま-12人の陶芸家による技の競演 展

なかざと たろうえもん

会期 平成22年3月15日(月)~3月21日(日)
開廊時間午前11時~午後7時まで(最終日は午後5時まで) 会期中無休
出品作家岡本 作礼・梶原 靖元・川上 清美・田中 佐次郎
中川 自然坊・中里 太亀・中里 太郎右衛門・濱崎 節生
浜本 洋好・藤ノ木 土平・丸田 宗彦・吉野 靖義
お知らせ日本陶磁協会主催
【やきもの文化講座について
          「古唐津の魅力について」及び「講師と作家による酒器談義」】
本展覧会の初日に、柿傳ギャラリーと同じビルの安与ホールにて以下の講座を行いますので、どうぞご参加ください。
日時:3月15日(月) 午後2時30分~午後4時30分まで
場所:安与ホール (東京都新宿区新宿3-37-11 安与ビル7階)
第1部 「古唐津の魅力について」東中川忠美(名護屋城博物館館長)
第2部 「講師と作家による酒器談義」東中川忠美、岡本作礼(作家)、
      十四代中里太郎右衛門(作家)、森孝一(司会)
定員:100名
申込:参加ご希望の方は、電話もしくはFAXで
日本陶磁協会事務局 TEL03-3292-7124 FAX03-3292-7125
までお申し込み下さい。追って、振替用紙と会場の地図をお送り致します。

【オープニングレセプションパーティー】
本展覧会会場にて、以下の通り、ささやかなオープニングレセプションパーティー(立食形式)を開催します。どうぞお気軽にご参会くだ さい。
日時:3月15日(月) 午後4時30分頃(上記講座終了次第)~午後7時00分
場所:柿傳ギャラリー
申込:不要です。

ごあいさつ

唐津の中堅、若手の陶芸家十二人による「二〇一〇 唐津のいま 十二人の陶芸家による技の競演」展が、この度、柿傳ギャラリーで開催されることになりました。この企画展は、愛陶家の間で評価の高い唐津焼の“いま”をアピールする地元の人気作家によるはじめての試みです。
唐津焼は「一楽二萩三唐津」といわれ、昔から茶人たちが愛してやまない茶碗の一つで、その一番の魅力は、構えない大らかさと土味にあります。それは、まさに唐津の土と風土から生まれたものであり、一服の茶を喫するために作られた造形でもあります。その種類は豊富で、奥高麗、絵唐津、朝鮮唐津、彫唐津、斑唐津、黒唐津、瀬戸唐津、 刷毛目唐津、三島唐津とじつにバラエティー。そうした古唐津の魅力をそれぞれの感性で追求し、古典とはまた違う現代の唐津に挑戦されているのが、本展に出品の十二人の作家です。
岡本作礼氏は、黒高麗に人気の作家。素材である陶土と真剣に向き合い、過去にはない今日の唐津の造形に挑戦されています。
梶原靖元氏は、デザイン出身の作家だけに作品のもつフォルムが魅力的。古唐津再現の体験を踏まえて自分なりの唐津を探求されています。
川上清美氏は対馬出身の陶芸家。伝世品の写しを基本としながらも、唐津の本質に迫る繊細で独特な個性の器を作られています。
田中佐次郎氏の豪快な唐津は、その人の魅力でもあります。唐津のルーツを訪ねて韓国にも築窯、二つの国で焼かれる作品は、佐次郎氏の人生を表して独創的です。
中川自然坊氏の作る茶碗には凛とした風格があります。その趣が最近とみに深みをましてきたような気がします。
中里太亀氏は父・隆氏より一日五百枚の皿を挽くことから教わりました。基本のしっかりしたその作品からは、温かな人柄が感じられます。
十四代中里太郎右衛門氏は、唐津の名門窯元に生まれながら、じつは磁州窯が大好き。いまでは、その磁州窯も唐津焼の一つの表現となり、新しい唐津が誕生しました。
濱崎節生氏は固定概念に囚われない自由な発想の造形作家。その彼が作る陶人形には、不思議な雰囲気が漂っています。
浜本洋好氏は斑唐津に魅せられ、その素晴らしさを表現するための本物の土と釉と焼き(割竹式連房登り窯)にこだわって作陶されています。
藤ノ木土平氏の作品からは、気負いのないやさしさが感じられます。おもちゃ箱という作品は、そうした土平氏の遊び心から生まれたもので、造形もさることながら焼きが魅力的です。
丸田宗彦氏は、絵唐津に定評のある作家。その大らかな作風は古唐津の特徴とうまく合致して、愛陶家には強い人気です。
吉野靖義氏は伊万里市南波多町高瀬櫨ノ谷で作陶する作家。古唐津のもつ風合いに近づくため、新素材の〈砂石〉に一途に挑戦されています。
つきましては、ぜひともこの機会に十二人の陶芸家の“唐津焼のいま”をご高覧くださいますようお願い申し上げます。

日本陶磁協会 主任研究員
森 孝一

このたび、東京・新宿の柿傳ギャラリーでは、「二〇一〇 唐津のいま 十二人の陶芸家による技の競演」展を開催させて頂く運びになりました。
12人の陶芸家が創り出した伝統的な唐津焼の作品はもとより、新たな造形や釉薬に想いを込めて挑戦した近作など、まさに「唐津焼のいま」を一堂に展観いたします。
お忙しい毎日と拝察致しますが、何卒この機会にご高覧を賜りますようご案内申し上げます。

平成22年 春
柿傳ギャラリー 店主 安田尚史

主な出品作品
展覧会期間中に展示した作品をご紹介します。
展覧会終了後は、恐れながら、作品の在庫をお調べするのにお時間を頂ければ幸いです。
画像をクリックすると拡大写真がご覧になれます。
価格は、全て消費税込みの価格です。

作家名岡本 作礼

作家名梶原 靖元

作家名川上 清美

作家名田中 佐次郎

作家名中川 自然坊

作家名中里 太亀

作家名中里 太郎右衛門

作家名濱崎 節生

作家名浜本 洋好

作家名藤ノ木 土平

作家名丸田 宗彦

作家名吉野 靖義