過去の展覧会

太田 公典 新作展

おおた きみのり

会期 平成28年6月25日(土)~7月1日(金)
開廊時間午前11時~午後7時まで(最終日7/1は午後5時まで) 会期中無休
略歴昭和28年 愛知県岡崎市生まれ           
昭和58年 東京藝術大学大学院 美術研究科 修了
平成 7 年 東海伝統工芸展<東海伝統工芸展賞受賞>
     太田公典作陶展(日本橋三越)、以後、各地にて毎年個展
平成14年 染付公募展<染付大賞受賞>
平成17年 第1回 菊池ビエンナーレ<奨励賞受賞>
平成22年 東海伝統工芸展<愛知県知事賞受賞>
平成25年 第5回 菊池ビエンナーレ 入選
以降、伝統工芸展など公募展に毎年出品、入選、入賞する
現在、愛知県立藝術大学 教授、日本工芸会 正会員、 日本工芸会 東海支部 常任幹事
作家在廊日6月25日(土)〜27日(月)

今回、ご紹介させて頂くのは、野にある草花を磁器に美しく丁寧に描く太田公典さんです。

太田さんの窯は、家康の生まれた愛知県岡崎市にあります。

陶芸家としてご活躍するだけではなく、 愛知県立藝術大学の陶磁専攻科で教授として日夜教鞭をふるわれ、日本工芸会の東海支部では常任幹事を務めるなど多忙な日々を送っています。

さて、弊廊で三年振りとなる今回の個展では、最新作の染付磁器を発表します。

呉須の濃淡と定評ある筆技で草花を描く文様に、イッチンの技法で加飾された器は美しく映える事でしょう。

染付の事を英語では「blue and white」と言い、中国語では「青花」と言うそうです。

どうぞ青花の太田 公典 新作展、ご高覧頂ければ幸いです。

店主 安田 尚史

主な出品作品
展覧会期間中に展示した作品をご紹介します。
展覧会終了後は、恐れながら、作品の在庫をお調べするのにお時間を頂ければ幸いです。
画像をクリックすると拡大写真がご覧になれます。
価格は、全て消費税込みの価格です。

太田公典01

作品名吹墨岩絡文面取鉢
価格540,000 円
寸法Φ 51.2 × H 13.2 (㎝)

太田公典02

作品名片身替金彩岩絡文双胴茶碗
価格86,400 円
寸法W 12.2 × D 11.0 × H 8.7 (㎝)

太田公典03

作品名吹墨赤絵金彩桜文茶碗
価格86,400 円
寸法Φ 11.5 × H 7.6 (㎝)

太田公典04

作品名片身替金彩岩絡文扁壺
価格226,800 円
寸法Φ 28.4 × H 29.0 (㎝)

太田公典05

作品名吹墨赤絵金彩桜文丸蓋物
価格29,160 円
寸法Φ 8.6 × H 5.9 (㎝)

太田公典06

作品名金彩雀文丸蓋物
価格【ご売約済み】29,160 円
寸法Φ 8.5 × H 5.8 (㎝)

太田公典07

作品名金銀彩時計草文丸蓋物
価格29,160 円
寸法Φ 8.7 × H 6.3 (㎝)

太田公典08

作品名吹墨金銀彩時計草文丸壺
価格99,360 円
寸法Φ 19.8 × H 18.1 (㎝)

太田公典09

作品名片身替金彩岩絡文食違丸壺
価格96,120 円
寸法Φ 20.0 × H 18.4 (㎝)

太田公典10

作品名片身替赤絵金彩蓮文扁壺
価格118,800 円
寸法W 15.0 × D 16.5 × H 26.3 (㎝)

太田公典11

作品名片身替金彩岩絡文扁壺
価格108,000 円
寸法W 16.5 × D 15.9 × H 25.1 (㎝)

太田公典12

作品名片身替赤絵金彩桜文扁壺
価格118,800 円
寸法W 18.0 × D 16.8 × H 26.4 (㎝)

太田公典13

作品名〔右〕片身替赤絵金彩桜文平蓋物
〔左〕片身替金彩岩絡文平蓋物
価格〔右〕 29,160 円
〔左〕【ご売約済み】29,160 円
寸法〔右〕Φ 8.5 × H 4.9 (㎝)
〔左〕Φ 8.7 × H 4.7 (㎝)

太田公典14

作品名赤絵金彩蓮文丸壺
価格102,600 円
寸法Φ 20.2 × H 19.2 (㎝)

太田公典15

作品名岩絡文旅急須 湯呑(赤・銀・金)
価格108,000 円
寸法〔急須〕W 10.7 × D 8.7 × H 8.9 (㎝)
〔赤湯呑〕Φ 6.1 × H 5.8 (㎝)
〔銀湯呑〕Φ 5.4 × H 5.3 (㎝)
〔金湯呑〕Φ 4.6 × H 5.2 (㎝)