過去の展覧会

柴田 一佐衛門 茶碗展 ー白を播く・黒を播くー

しばた いちざえもん

会期 平成27年3月5日(木)~3月11日(水)
開廊時間午前11時~午後7時まで(最終日は午後5時まで) 会期中無休
略歴昭和28年 岐阜県多治見市、五代目加藤幸兵衛の孫として土を生業とする家に生れる
昭和51年 武蔵野美術大学工芸工業学科 卒業
昭和52年 日本陶磁器デザインコンペティション 金賞受賞
昭和55年 渡米(ニューヨーク)マンハッタンにスタジオを持ち、パリ秋冬コレクション(フランス)などのアクセサリーを制作。ニューヨーク市立美術館に作品三点が展示される
平成 2 年 帰国。陶芸を再びはじめ、伯父、重要無形文化財、故 加藤卓男氏より指導を受ける
平成11年 京都銀閣寺にて個展、有馬頼底管長より、号「一佐衛門」を命名される
平成17年 茶道、遠州流家元、小堀宗実氏の門下となり、指導を受ける
平成23年 伊勢神宮に茶碗を献納する
作家在廊日会期中、全日、作家在廊予定

一佐衛門さんは、美濃焼の地である多治見に住まう陶芸家です。20代で渡米し、ジュエリーデザイナーとして活躍された後、一転、陶芸の道に入られるという異彩の人生を歩んできました。

これまで彼が作ってきた茶碗は、一目で一佐衛門作と分かる風の「瀬戸黒」を中心に発表してきましたが、3年振りとなる今回の個展では、サブタイトルを「白を播く・黒を播く」と銘打ち、新たに挑む白色と黒色の茶碗を発表します。

黒は素直な造形の茶碗に二つの薬をかけ、かせた風情を出し、白は茶碗の内外に三つの薬をかけ分けてじっくりと焼成したもの。どちらも抹茶の緑色が奇麗に映える事でしょう。

搬入日のギリギリまで窯に火を入れて、自分の納得の行く作品を出品したいと語る一佐衛門さん。

会期中は、毎日会場に詰めて下さいますので、ご批評頂ければ幸いです。

 

店主 安田尚史

主な出品作品
展覧会期間中に展示した作品をご紹介します。
展覧会終了後は、恐れながら、作品の在庫をお調べするのにお時間を頂ければ幸いです。
画像をクリックすると拡大写真がご覧になれます。
価格は、全て消費税込みの価格です。

しばたいちざえもん01

作品名瀬戸黒
寸法Φ12.8 × H8.2 (㎝)

しばたいちざえもん02

作品名瀬戸黒
寸法Φ12.4 × H7.8 (㎝)

しばたいちざえもん03

作品名瀬戸黒
寸法Φ12.0 × H7.6 (㎝)

しばたいちざえもん04

作品名瀬戸黒
寸法Φ11.2 × H7.2 (㎝)

しばたいちざえもん05

作品名瀬戸黒
寸法Φ11.0 × H7.8 (㎝)

しばたいちざえもん06

作品名瀬戸黒
寸法Φ10.8 × H7.7 (㎝)

しばたいちざえもん07

作品名瀬戸黒
寸法Φ12.0 × H8.0 (㎝)

しばたいちざえもん08

作品名白播 筒茶盌
寸法Φ12.6 × H7.4 (㎝)

しばたいちざえもん09

作品名白播 筒茶盌
寸法Φ12.4 × H7.8 (㎝)

しばたいちざえもん10

作品名白播 端反茶盌
寸法Φ13.6 × H7.4 (㎝)

しばたいちざえもん11

作品名白播 端反茶盌
寸法Φ14.4 × H7.8 (㎝)

しばたいちざえもん12

作品名白播 端反茶盌
寸法Φ14.4 × H8.0 (㎝)

しばたいちざえもん13

作品名御深井釉茶盌
寸法Φ14.4 × H8.0 (㎝)

しばたいちざえもん14

作品名胆礬茶盌
寸法Φ11.8 × H6.8 (㎝)

しばたいちざえもん15

作品名美濃皮鯨茶盌
寸法Φ14.6 × H8.2 (㎝)