過去の展覧会

釋永 由紀夫 + 維 父娘展

しゃくながゆきお

(左)餓鬼の田皿/釋永 由紀夫
(右)円環蓋置/釋永 維

会期 平成26年9月21日(日)~9月28日(日)
開廊時間午前11時~午後7時まで(最終日は午後5時まで) 会期中無休
略歴□由紀夫
昭和29年 富山県立山町越中瀬戸焼窯元に生まれる
昭和50年 林屋晴三先生の指導を受け、金重素山先生に師事する
昭和57年 韓国の古窯跡探訪を始める。以降、利川・清州・聞慶で作陶する
平成8年 スティーブ・ジョブズ氏と出会い、以後、制作依頼を受ける

□維(ゆい)
昭和56年富山県に生まれる
国立高岡短期大学(現・富山大学芸術文化学部)産業造形学科、専攻科にて金属工芸を学ぶ
株式会社ミキモト装身具勤務、原型制作担当を経て
平成25年から金沢で制作活動を始める
現在は装身具と茶道具を中心に作品を展開している
作家在廊日会期中、全日、作家在廊予定

立山・弥陀ヶ原高原に広がる湿原は、餓鬼の田と呼ばれています。

朝夕に無数の地塘の水面に映し込まれる天空の青。

時には、雲の移り行く姿があり、静寂の闇夜は流星さえ音をのこして、この地で消え入るかと思えてなりません。

この度、金工の世界に入り、装身具から茶の道具にも制作を広めてきた娘・維と父娘展を開かせて頂きます。

皆様にご高覧賜ればと願い、ご案内申し上げます。page1image11840

釋永 由紀夫

 

釋永由紀夫さんは、富山の立山連峰を背にした風光明媚な工房に住まう陶芸家です。

由紀夫さんは、米国アップル社の故スティーブ・ジョブス氏と親交があり、由紀夫作品を好んだジョブス氏は、自らのそばに置いて愛用したそうです。

そんな由紀夫さんは三人のお子さん達に恵まれ、長女の陽さんと長男の岳さんは若手の人気陶芸家として活躍中であり、そして次女の維さんは金工の作家として新たな人生を歩み出しました。

先日、私が維さんのデビュー作である「円環蓋置」を手に取った時、小さいけどその美しい造形と艶やかな質感にとても惹かれたのを思い出します。

より円熟味を増した由紀夫さんの作品と、 初々しい維さんの作品との仲睦まじい父娘展。ご高覧頂ければ幸いです。

店主 安田 尚史

主な出品作品
展覧会期間中に展示した作品をご紹介します。
展覧会終了後は、恐れながら、作品の在庫をお調べするのにお時間を頂ければ幸いです。
画像をクリックすると拡大写真がご覧になれます。
価格は、全て消費税込みの価格です。

釈永父娘展1

作家名釈永由紀夫
作品名餓鬼ノ田皿
価格【ご売約済】291,600
寸法W55.0 × D31.5 × H4.8 (㎝)

釈永父娘展2

作家名釋永維
作品名円環蓋置
寸法Φ6.5 × H6.2 (㎝)

釈永父娘展3

作家名釈永由紀夫
作品名澱青鎬花入
価格432,000
寸法W23.4 × D19.4 × H34.2 (㎝)

釈永父娘展4

作家名釈永由紀夫
作品名澱青鎬大鉢
価格367,200
寸法Φ35.2 × H17.0 (㎝)

釈永父娘展5

作家名釈永由紀夫
作品名白流線鎬水指
価格291,600
寸法Φ15.0 × H15.0 (㎝)

釈永父娘展6

作家名釈永由紀夫
作品名澱青鎬茶盌
価格162,000
寸法Φ15.6 × H6.5 (㎝)

釈永父娘展7

作家名釋永維
作品名円環蓋置 【ご売約済】
寸法Φ14.0 × H8.2 (㎝)

釈永父娘展8

作家名釈永由紀夫
作品名餓鬼ノ田皿
価格172,800

釈永父娘展9

作家名釈永由紀夫
作品名白鎬茶盌
価格162,000
寸法W 12.4× D11.4 × H8.8 (㎝)

釈永父娘展10

作家名釋永維
作品名折立輪花盆
寸法Φ23.2 × H1.8 (㎝)

釈永父娘展11

作家名釋永維
作品名earing
寸法〔金具を含めた1つあたりのサイズ〕W1.5 × D7.0 (㎝)

釈永父娘展12

作家名釋永維
作品名南鐐茶杓
寸法L19.5

釈永父娘展13

作家名釈永由紀夫
作品名澱青鎬花入
価格864,000
寸法W31.6 × D29.5 × H37.6 (㎝)

釈永父娘展14

作家名釈永由紀夫
作品名澱青鎬水指
価格324,000
寸法Φ16.0 × H17.4 (㎝)

釈永父娘展15

作家名釈永由紀夫
作品名餓鬼ノ田皿
価格9,720
寸法W17.6 × D16.0 × H1.4 (㎝)