過去の展覧会

留守 玲 展  -賛助出品- 市岡 真治

るす あき

会期 平成26年4月15日(火)~4月21日(月)
開廊時間午前11時~午後7時まで(最終日は午後5時まで) 会期中無休
略歴<留守 玲>
昭和51年 宮城県仙台市生まれ
平成14年 多摩美術大学大学院美術研究科修了
平成16年 拡兆する美術TSUKUBA2004(茨城県つくば美術館)
     財団法人日本文化藝術財団第11回日本文化藝術奨励賞、日本現代藝術奨励賞
平成19年〈素材 × 技術〉からフォルムへ ー布と金属ー(茨城県つくば美術館)
     開館30周年記念展 II 工芸の力 ̶ 21世紀の展望(東京国立近代美術館 工芸館)
平成21年 PIANISSIMO 田中みぎわ/留守玲展-冬の浜辺から-(茅ヶ崎市美術館)
平成24年 留守玲の茶室 さびのけしき(山口県立萩美術館・浦上記念館)
〈パブリックコレクション〉 山口県立萩美術館・浦上記念館

<市岡 真治>
昭和51年 広島県生まれ
平成14年 多摩美術大学大学院美術研究科修了
現在、神奈川県小田原市にて制作。鍛金作家。
作家在廊日留守 玲・・・全日在廊
市岡真治・・・15日(火)、19日(土)〜21日(月)

 留守玲さんは、いま最も注目される若手金属造形家の一人である。彼女は熔接・熔断を使っ て母体金属を高温で熔かし、熔融、凝固、歪みなどの現象の中に独自の手法を加えることで鉄 の様々な表情を探り出す。

 この発見という行為を通して、形を創造していくのだ。そして、鉄と いう素材と真摯に向き合うことで、自分なりの鉄観、さび観、そして熔接観を持つようになっ たという。

 留守さんの作品は、小さな鉄のチップを一片ずつ積み重ねて熔接した積層という技 法と、鉄の棒を熔接するという技法などを駆使したものだが、そうした技法の上に、錆び、朽ち るという時間軸と、素材と向き合い、発見を通して生まれた確かな造形という空間軸によって、 より深く本質的なものとなっている。

 今回の個展には、オブジェや花入など大小40点ほどの作品のほか、鍛金作家であるご主人・ 市岡真治氏の作品も賛助出品されるというから、とても楽しみである。

森  孝一 (美術評論家・日本陶磁協会事務局長)

主な出品作品
展覧会期間中に展示した作品をご紹介します。
展覧会終了後は、恐れながら、作品の在庫をお調べするのにお時間を頂ければ幸いです。
画像をクリックすると拡大写真がご覧になれます。
価格は、全て消費税込みの価格です。

留守 玲

作家名留守 玲
作品名「しかじかなる綾」
価格【ご売約済】216,000円
寸法W42.0×D24.0×H57.0(㎝)

留守 玲

作家名留守 玲
作品名さび花入「ひこばえ」
価格【ご売約済】86,400円
寸法φ8.7×H25.0(㎝)

留守 玲

作家名留守 玲
作品名熔かし紡ぎのさび籠
価格70,200円
寸法W18.2×D13.4×H11.8(㎝)

市岡 真治

作家名市岡 真治
作品名銚子
価格108,000円
寸法W16.5×D11.0×H19.8(㎝)

(新)市岡留守合作

作家名市岡 留守 合作
作品名香炉
価格【ご売約済】97,200円
寸法φ12.3×H14.6(㎝)

(新)留守5

作家名留守 玲
作品名熔かし紡ぎの鉄籠「花霞」(銀メッキ)
価格75,600円
寸法W14.2×D10.6×H8.4(㎝)

留守玲6

作家名留守 玲
作品名熔かし紡ぎのさび籠
価格54,000円
寸法W13.8×D11.2×H8.8(㎝)

留守玲7

作家名留守 玲
作品名糸巻きさび大鉢
価格43,200円
寸法φ27.4×H5.7(㎝)

留守玲8

作家名留守 玲
作品名さび茶器
価格54,000円
寸法W8.0×D7.2×H8.0(㎝)

(新)留守9

作家名留守 玲
作品名[左]真鍮茶杓(茶杓袋付) [右]さび茶杓(茶杓袋付)
価格[各]21,600円 

留守玲10

作家名留守 玲
作品名ほらづつみ
価格172,800円
寸法W43.0×D12.4×H10.0(㎝)

留守玲11

作家名留守 玲
作品名[左]熔かし紡ぎのさび小籠 [右]熔かし紡ぎのさび小筥
価格【ご売約済】[左]21,600円 【ご売約済】[右]10,800円
寸法[左]W9.2×D2.6×H2.6 [右]W5.0×D2.7×H1.8(㎝)

市岡真治2

作家名市岡 真治
作品名香炉a
価格86,400円
寸法φ12.8×H15.0(㎝)

(新)市岡3

作家名市岡 真治
作品名香炉b
価格75,600円
寸法φ9.8×H9.3(㎝)

市岡真治4

作家名市岡 真治
作品名小筒
価格【ご売約済】[各]16,200円
寸法φ4.8×H7.2(㎝)