開催中の展覧会

陶 藤ノ木土平 × 彩 志水 朝 二人展

会期 平成29年9月23日(土)~ 9月29日(金)
開廊時間午前11時~午後7時まで(最終日29日は午後5時まで) 会期中無休
略歴■藤ノ木土平 Fujinoki Dohei
昭和24年 新潟県に生まれる
昭和50年 唐津大橋裕氏に師事
昭和53年 美濃加藤芳右衛門に師事
昭和55年 唐津市に土平窯を開窯

■志水 朝 Shimizu Tomo
昭和58年 東京築地に生まれる
平成4年 油絵を描き始める
平成16年 多摩美術大学 グラフィックデザイン学科 入学
平成20年 大学を卒業後、広告代理店へ入社
平成28年 東急電鉄企業広告の風景がシリーズを制作
平成29年 谷川俊太郎氏出演「魂のいちばんおいしいところ」コンサート告知物に絵が採用され会場に展示
作家在廊日二人共、会期中、全日在廊予定
出品作品藤ノ木土平:茶碗、茶入、花入、水指、香合、壺、向付、皿、大皿、板皿、小鉢、片口、徳利、ぐい呑、陶板、オブジェ
志水 朝:抽象画
お知らせ■特別茶会のご案内【お蔭様で、満席となりました】

※ 皆様のお陰で満席となりました。
多数のお申込を頂きまして、誠にありがとうございました。
恐れながら、現在キャンセル待ちを受け付けております。キャンセル待ちをご希望のお客様は弊廊までお問合せ頂ければ幸いです。

・日時 : 9月22日(金) 16時席入
 ※15:45迄に、受付の柿傳ギャラリーへご参集頂ければ幸いです。

・場所 : 新宿 京懐石 柿傳 茶席 (東京都新宿区新宿3-37-11 安与ビル)

・席主 : 藤ノ木 土平

・当日の流れ:受付待合「柿傳ギャラリー/地下2階」→ 点心席「古今サロン/6階」→ 濃茶席「残月/9階」

・会費:7,000円(税込)
 ※当日受付にて頂戴致します。

・申込:参加ご希望の方は、柿傳ギャラリーまで、お電話かメールにてお申し込み下さい。
(電話03-3352-5118、gallery@kakiden.com。電話は11~19時受付。ギャラリー休廊日を除く)
DMこの展覧会のDMを見る(PDF)

土平さんの作品は、一見、確かに唐津焼なのだけど、でも、モダンな装いも漂い、 ご本人の心優しいお人柄も相まって、多くの愛陶家を魅了して止みません。

 

弊廊で初めてとなる土平展は、彼が懇意にされている若手の女流画家・志水 朝 さんとの二人展と相成りました。

 

志水さんは、空、太陽や天女をモチーフにされ、 昨今、東急電鉄の連作広告にも取り上げられた新進気鋭の抽象画家です。

 

果たして、年代も性別も異なる二人の作品「陶」と「彩」がどのように響き合うか、 今から私も楽しみにしています。

店主 安田 尚史