柿傳ギャラリーブログ

髙垣 篤 陶展 ご報告

平成29年8月12日(土)

 

成29年8月5日(土)~ 8月11日(金)に開催いたしました

髙垣 篤 陶展 のご報告となります。

 

 

 

長年青瓷作品を作られていた髙垣先生ですが、

近年は赤色と黒色の作品に懸命に取り組まれています。

そんな先生の個展も5回目を迎えます。

今回は更に力強い作品が並び、ギャラリー内は圧巻の景色となりました。

 

 

こちらはDMにも載っている「斜格子」(しゃごうし)の作品です。

独特なテクスチャは土を何種類も混ぜ、

色を塗り重ねることで出来上がるのだそう。

 

 

 

〔玄・赫ブックエンド〕

 

 

〔玄・赫-カード立て〕

〔玄・赫-四方盤〕

 

 

 

第二展示室はがらりと雰囲気が代わり

お馴染みの茜青瓷が並びました。

 

 

〔茜青瓷六角香炉〕

 

窯場を移されてからは、青瓷作品を作る機会は減っているのだそうです。

これから先にどんな作品を作られるのか、

「玄・赫」と名付けられた作品がどう変化してゆくのか、とても楽しみですね!

今回も沢山の方にご来廊頂きまして、ありがとうございました。

 

さて、柿傳ギャラリーは 8/13(日)から20(日)までお休みを頂戴いたします。

その間のお問合せにつきましては、誠に勝手ながらお休み明けにお返事をさせて頂きます。

詳しくは 最新情報 にてご確認くださいませ。

大変ご迷惑をおかけいたしますが、どうぞ宜しくお願いいたします。

 

休業を挟みまして8月22日(火)からは ひろや ー安食 ひろ・潤 父子展ー が始まります。

8月26日(土)には、「勝手に林屋晴三先生を偲ぶ茶会」も予定しております。

皆様のお申込み、ご来廊をスタッフ一同心よりお待ちしております。

釋永 維 展 ー浮遊ー ご報告

平成29年8月4日(金)

 平成29年7月25日(火)~ 7月31日(月)に開催いたしました

釋永 維 展 ー浮遊ー のご報告となります。

 陶芸家の釋永由紀夫先生を父に持つ維先生。

ご兄姉も陶芸をされている中

ただ一人金工作家として、富山で制作に打ち込んでらっしゃいます。

今回はそんな維先生の、弊廊初となる個展を開催しました。

 

 

 

 

壁を飾るパネル型のオブジェは銅で出来ています。

銅板に無数の穴をあけ、火であぶりながら形に立体感をつけるのだそう。

上から錫を焼きつけたり、硫黄を使うことで色味の変化も出ています。

 

 

 

〔鼓動〕

こちらは中央に対になるよう飾られていた作品です。

金属というと硬く力強い印象を持ちますが、

維先生は金属の脆さや儚さに美を感じるのだそうです。

 

 

 

〔浮遊〕

 

 

〔円環〕

とても安定感があり、

蓋置として使えるよう計算して作られています。

 

今回の第二展示室には、白い展示台も出現しました。

 

 

 

照明の当たりで出来る影がまた素敵なので

是非、実際に見て頂きたいところです。

 

 

 

 

会期中にはなんと維先生のお誕生日もありました。

サプライズでケーキを用意し

スタッフ内でささやかなお祝いをしました。

本当におめでとうございます。

今回も沢山の方にご来廊頂きまして、ありがとうございました。

 

次回は8月5日(土)より 髙垣 篤 陶展 が始まります。

また皆さまどうぞ足をお運びくださいませ。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

瀧口喜兵爾・大喜 父子展 ご報告

平成29年7月25日(火)

平成29年7月14日(金)~ 7月21日(金)に開催いたしました

瀧口喜兵爾・大喜 父子展 のご報告となります。

 

左画像は喜兵爾先生と大喜先生の後ろ姿です。

こういった展覧会では、いつも素敵な作務衣を着込んで臨むのだそうですよ。

今回はそんな先生お二人による、四年ぶりの父子展を開催しました。

 

第二展示室

 

喜兵爾先生は黒織部、弥七田織部、鳴海織部など

向付や茶陶を中心とした作品を持って来てくださいました。

 

 

〔茜織部茶盌〕

〔鳴海織部茶盌〕

 

ふんわりとした綺麗な赤みが特徴的な茜織部茶盌。

こちらは失敗から偶然生まれ出たものだそうで、

なんとも言えない優しい色合いをしています。

 

 

〔鳴海織部手鉢〕

〔弥七田織部向付〕

 

 

  

 

  

  

〔織部向付〕

種類豊富な向付は見ているだけで楽しくなってしまいますね。

お気に入りを一点だけ持つも良し、

形の違うものを数点集めて使っても、とても楽しい食卓になりそうです。

 

続いて第一展示室、

大喜先生の作品のご紹介です。

  

大喜先生は黒や鮮やかな緑の美しい

食器類、茶陶類の作品が主でした。

 

 

〔鉄釉織部茶盌〕

 

 

 〔鉄釉織部水指〕

 

 

 

 

 

〔maccha cup〕〔マグカップ〕

 

「maccha」はその名の通りお抹茶のこと。

「日常でもお抹茶を気軽に楽しめるように」と

作られたカップなのだそうです。

 

  

 

〔一輪挿し〕

 

味のある器が種類豊富に並ぶ光景に、

目移りしてしまうお客様が続出されていました。

「これもいい」「あれも素敵」と

どれを買おうか悩むのは、とても幸せな瞬間ですね。

今回も沢山の方にご来廊頂きまして、ありがとうございました。

 

さて現在ギャラリーでは 釋永 維 展 ー浮遊ー を開催しております。

また皆さまどうぞ足をお運びくださいませ。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

萩 傳 流 ー若手作家六人展ー ご報告

平成29年7月15日(土)

 

平成29年7月5日(水)~ 7月11日(火)に開催いたしました

萩 傳 流 ー若手作家六人展ー のご報告となります。

 

 

小暑を迎えまして、新宿では連日蒸し暑い日が続いております。

そんな中、弊廊初となります萩焼のグループ展を開催いたしました。

地元でも仲が良いという六名の若手作家が集まり、

お茶道具や花入を中心に、それぞれ個性豊かな作品を持って来てくださいました。

 

岡田 泰 先生

 

 

 

坂 悠太 先生

 

 

坂倉 正紘 先生

 

 

新庄 紹弘 先生

 

 

田原 崇雄 先生

 

 

玉村 信一 先生

 

 

 

今回のグループ展は

会期初日にレセプション、半ばには特別記念茶会と

イベント尽くしの展覧会でもありました。

 

レセプションでは先生方によるぐい吞と山口県の地酒、

お馴染み柿傳の特製おつまみでのおもてなしです。

 

 

こちらは多くのお客様からお問合せを頂き、

定員数を大幅に増やしての開催となった特別記念茶会のご様子です。

先生方はこの日のためにお稽古に励み、

お点前をしてくださいました。

 

 

水指、茶碗、花器、菓子器……

全てこの日の茶会のために作られた作品です。

お茶会に参加されたお客様からは

「大満足です」「素晴らしい催しでした」と温かいお言葉を沢山頂戴いたしました。

弊廊にて初となります、萩尽しの一週間は如何でしたでしょうか。

今回も沢山の方にご来廊頂きまして、ありがとうございました。

 

さて現在ギャラリーでは 瀧口喜兵爾・大喜 父子展 を開催しております。

暑い日続いておりますので、

近くへお出かけの際には是非弊廊まで涼みにいらしてくださいね。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

池田 瓢阿・泰輔 竹芸新作展 ご報告

平成29年7月1日(土)

平成29年6月24日(土)~ 6月30日(金)に開催いたしました

池田 瓢阿・泰輔 竹芸新作展 のご報告となります。

 

 

池田 瓢阿先生、泰輔先生による竹芸展は三年ぶりの開催です。

ギャラリー内には涼しげな籠花入れや茶器が並び、

夏至を迎えたこの季節にぴったりの展示となりました。

 

 

 

お花は瓢阿先生の奥様や、先生方が活けてくださいました。

花の状態によって毎日手入れをしてくださり

会期中はお客様がいついらしても、素敵な花を見て頂けました。

「花があると器の良さが更に引き立ちますね」と

皆様時間をかけてご覧になっていました。

 

 

 

 

 

〔蝉籠花入〕、〔宗全籠花入〕

 

 

〔蛇籠花入〕

 

 

〔茶杓 銘「木陰」〕

〔茶杓 銘「慈雨」〕

 

 

〔白竹簟瓢籠花入〕〔振々籠花入〕

〔釜敷〕

 

 

〔蛇ノ目筒花入〕〔みみづく 小〕

 

 

 

 

 

 

竹芸品以外には

瓢阿先生による陶器のお茶碗や花入もありました。

 

 

〔振出 織部〕、〔青磁筍花生〕

 

 

第二展示室 には、瓢翁先生(二代目池田瓢阿先生)による作品も。

因みに今回壁を飾っていましたお軸や

お呈茶用のお茶碗も、瓢翁先生の作品でした。

 

 

〔茶籠〕、〔茶籠用茶碗 祥瑞〕

 

  

〔おいてけぼり籠花入〕

ギャラリーの一番奥にありましたこちらの花入。

どうしてこんなに寂しそうな置かれ方をしているのだろう? と

思われた方も多かったのではないでしょうか。

作品に近づき、そのタイトルを見ることで

なるほどと思える素敵な演出でした。

今回も沢山の方にご来廊頂きまして、ありがとうございました。

 

次回は7月5日(水)より 萩 傳 流 ー若手作家六人展ー が始まります。

初日である5日の17:30からはレセプション、

そして8日(土)には、お陰様で満席となりました特別記念茶会がございます。

どうぞ皆さまこの機会に足をお運びくださいませ。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。