柿傳ギャラリーブログ

須藤訓史 × 東香織 展 ご報告

平成30年3月22日(木)

平成30年3月15日(木)~ 3月21日(水)に開催しました

須藤訓史 × 東香織 展 のご報告です。

 

須藤先生といえば、押点文(おうてんもん)を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

大小さまざまな点を「押す」ことで、独特のテクスチャを作りだされています。

 

一方で東先生は、貝をモチーフにした模様の作品を作られています。

今回はともに笠間で作陶されている、そんなご夫妻の二人展を開催しました。

 

須藤 訓史

堆積茶盌

 

堆積水指

「堆積」と名付けられた作品は須藤先生の最新作です。

押点文とは全く違った、荒々しい自然物のような風合いですね。

赤と黒の上絵を塗り重ね、何度も焼成してこの仕上がりになるのだそうです。

 

 

東 香織

茶碗 はな、花器 かい

東先生の貝模様には不思議な立体感があります。

削り、化粧土を盛り、線を放射状に掻き落とすことで、

巻貝のような立体感が生まれます。

 

 

陶板 かい

 

DMにはお二人の初のコラボレーション作品が使われました。

東先生が貝模様を削り出した後に、

再び土を柔らかくして、須藤先生の押点文が施されています。

 

今回も沢山のお客様にご来廊頂きまして、ありがとうございました。

次回は3月25日(日)より 中村 裕 展 ー北の国からー が始まります。

また皆さまどうぞ足をお運びくださいませ。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

CAPTCHA