今後の展覧会

石井逸郎の世界展 ー色彩の探求ー

会期 平成30年2月15日(木)~ 2月20日(火)
開廊時間午前11時~午後7時まで(最終日20日は午後5時まで) 会期中無休
略歴昭和27年 横浜生まれ
昭和47年 デンマークに留学
昭和53年 日本人で初めてロイヤルコペンハーゲン 社の“フローラダニカ”シリーズの製作を 十年間務める
昭和63年 コペンハーゲン郊外にアトリエを開設
平成2年 ヨーロピアン上絵付け教室「SCANTIPS」を日本に設立
平成21年 銀座和光並木館にて第一回個展開催
平成22年 オメガコンストレーションアート展出品
平成23~24年 Nicolai Bergmann氏とのコラボ企画「フラワーシャワー」開催
平成24年 銀座和光ホールにて第二回個展開催
平成25年 伊勢丹 丹青会出品
平成26年 渋谷西武にて第一回個展開催
平成28年 スガハラガラスとのコラボ展
平成29年 天王洲アイルT-Art Galleryにて“Harmony ”展
作家在廊日15日(木)、18日(日) 〜 20日(火)
DMこの展覧会のDMを見る(PDF)

石井逸郎作品に初めて出合ったのは、数年前、東京・青山にあるイタリアンの名店「リストランテ濱崎」さんでした。

濱崎さんの料理は最高に美味しく、舌鼓を打ちましたが、 料理もさることながら、お使いの器も美しく綺麗でした。料理を邪魔せず、料理をより引き立たせる美しい器、それが石井作品でした。

 

青山の一等地に上絵付け教室も主宰する石井さんは、焼成された磁器に、確かな筆致で草花などを手描きするポーセリンペインティングの日本における第一人者です。

ポーセリンとは磁器の事であり、ロイヤルコペンハーゲンなど欧州の白磁だけではなく、有田の井上萬二窯の器にも美しい上絵付けを描いています。

さらに、昨今は、笠間や唐津などの陶器にも描かれ、陶器の持つ柔らかい肌合いと美しい筆致で新境地を開きました。

 

その筆は、力強さと儚さが同居し、とても美しく、見事というしかありません。

日々、 色彩の探求に挑まれており、彼曰く、「日常の器は飾るだけではなく、料理を盛って楽しむことを前提に絵付けしており、食を含めて、生活を美しく彩ることが文化だと思います。」 との事で、私は強く共感を頂きました。

 

日本とデンマークのコペンハーゲンを行き来して、北欧文化にも一家言お持ちの石井さん。

弊廊としては初となる上絵付けの展覧会で、これまで以上に、会場が華やぐ事は間違いないでしょう。どうぞご高覧頂ければ幸いです。

 

店主 安田尚史