今後の展覧会

半泥子 廣永窯 藤村州二 陶展

会期 平成29年11月2日(木)~ 11月8日(水)
開廊時間午前11時~午後7時まで(最終日は午後5時まで) 会期中無休
略歴昭和40年 福岡県上野に生まれる
平成元年 西南学院大学 卒業
     廣永窯 坪島土平に師事
平成25年 廣永窯 窯場責任者となる

新宿伊勢丹、大阪髙島屋、JR名古屋髙島屋、柿傳ギャラリー他にて個展開催
作家在廊日会期中、全日、在廊予定
DMこの展覧会のDMを見る(PDF)

三重県の津駅から西へ車で20分走ると、風光明媚な山中にある半泥子廣永窯の窯場に着きます。

廣永窯は数寄者であり「昭和の光悦」と評される川喜田半泥子が築いた窯です。

 

先日、その廣永窯にて、藤村州二さんと再会を果たしました。

半泥子のユーモアたっぷりで力強い書の数々や、半泥子が建てた泥仏堂や茶室「山里」も拝見し、茶室の中に入ると、往事の楽しい笑い声が聞こえてくる、そんな気もしました。

 

百五銀行の頭取も務め、自由な心で茶碗と向き合った半泥子。

その半泥子の愛弟子である坪島土平先生に師事し修業を始めて28年の藤村さん。

弊廊にて、二年振りとなる本展では、茶陶を中心に 90点の最新作を発表致します。

定評ある確かな筆致で描かれた赤絵や染付の作品など、愛陶家の皆様の目を必ずや楽しませてくれる事でしょう。

 

今、廣永窯の窯場は川喜田家の企業「株式会社ちとせ」様のお力によって、いにしえの建物も見事に維持保存がなされ、さらなる修復工事や、新たな施設も建設中であり、窯場には槌音が絶えません。

そして、津の市内には同社による瀟洒なギャラリーも新設され、半泥子などの作品も綺麗に展示されています。

 

本展の直前には、同じ半泥子廣永窯の四人展(10/24~30)も開催致します。どうぞ併せて、ご清覧頂ければ幸いです。

 

店主 安田 尚史