今後の展覧会

清六窯 中村 ゑ美こ・清吾 展

会期 平成29年10月4日(水)~ 10月10日(火)
開廊時間午前11時~午後7時まで(最終日10日は午後5時まで) 会期中無休
略歴□ゑ美こ
昭和22年 故中村清六の長女として、佐賀県有田町に生まれる
昭和43年 有田物産株式会社入社 前田泰昭氏・斎藤勉氏に染付けを学ぶ
平成18年 日本伝統工芸展初入選
平成20年 清六窯三代・中村清六・ゑ美こ・清吾展 開催(日本橋三越本店)
平成23年 日本工芸会 正会員に認定される
平成26年 茨城県陶芸美術館 現代陶芸「現象」出品・収蔵

□清 吾
昭和50年 中村ゑ美この長男として、佐賀県有田町に生まれる
平成10年 九州大学卒業後、清六窯にて修行
平成17年 日本工芸会 正会員に認定される
平成25年 九州山口陶磁展 文部科学大臣賞、日本伝統工芸展「白磁鉢」東京都知事賞
平成29年 田部美術館 茶の湯の造形展 奨励賞
作家在廊日二人共、会期中、全日在廊予定
DMこの展覧会のDMを見る(PDF)

清六窯 中村 ゑ美こ・清吾 展清六窯 中村 ゑ美こ・清吾 展有田でロクロの名手と慕われた中村清六さん。

今回は、清六さんの技を受け継ぐ、清六窯の母子二人展をご案内させて頂きます。

娘のゑ美こさんは、白磁の素地に、和紙染の技法で描く美しい藍色の幾何学文様が人気を博し、孫の清吾さんは、独特のシャープな造形が魅力で、昨今の公募展でも入賞・入選を繰り返す気鋭の若き陶工です。

 

実は、平成23年3月に弊廊で、中村清吾さんの個展を予定していましたが、直前にいたましい東日本大震災があり、個展を延期せざるを得ませんでした。

以下は、その際、林屋晴三先生から頂いたご紹介文です。改めて、この場を借りてご紹介させて頂きます。

 

清吾さんの祖父清六さんは、有田にあって生涯、ひたすら白磁の器を追求した。本ものの陶人であった。

そして孫も、祖父の跡をついでいるが、当然、今に生き、智性を内包する若き陶人であり、自らの造形のあるべきようを眞撃に求め、最近は、綾線をくっきりとめぐらせた円形の器に挑んで成功している。

林屋 晴三

 

弊廊にとりまして、六年越しのラブコールとなる清六窯の母子展。どうぞご高覧頂ければ幸いです。

店主 安田 尚史