今後の展覧会

下沢 敏也 陶展 ー北の大地からー

会期 平成29年9月1日(金)~ 9月7日(木)
開廊時間午前11時~午後7時まで(最終日7日は午後5時まで) 会期中無休
略歴昭和35年 北海道札幌市生まれ
昭和53年 故下澤土泡氏に師事
平成9年 ニューヨーク Parsons School of Design (北海道文化財団芸術家海外研修) 
平成13年 ギャラリーマロニエ(京都)
平成15年 「北海道立体表現展‘06‘10」 (道立近代美術館) 
平成20年 A MUSE LAND TOMORROW 2010 (道立近代美術館)
平成21年 札幌文化奨励賞受賞
平成23年 北海道文化奨励賞受賞、folding cosmos展(ニューヨーク・イギリス・ドイツ)
平成24年 「交差する視点とかたち」Vol.5記念展(札幌芸術の森美術館)、光州・北海道交流展2014(光州国立博物館・韓国)
平成27年 HOPE REPORT展(Park Soo Keun Museum/韓国)
平成29年 下沢敏也展 -Re-birth-風化から再生へ- (LIXIL・GINZA・東京)
作家在廊日会期中、全日、在廊予定
お知らせ■ ギャラリートーク「下沢敏也×森孝一」&レセプションのご案内
会期二日目の夕、下沢 敏也氏と森 孝一氏によるギャラリートークとささやかな小宴を開催します。
キリっと冷えたスパークリングワインと柿傳のおつまみで、楽しい一時になればと願っております。
どうぞご参会ください。

・日 時 9月2日(土) 17:30~19:00
・場 所 柿傳ギャラリー
・申 込 不要です。
DMこの展覧会のDMを見る(PDF)

下沢敏也は、北海道を代表する陶芸家である。

彼は平成23年、北海道文化奨励賞を受賞した。

 

その活動は国内に留まらず、韓国、中国、ニューヨークと幅広い。

下沢の作品は、北の大地の壮大な時間の流れの中から、生命(いのち)の記憶を探り出そうとしている。

代表作の一つであるRe-birthは、朽ち果てていくものから生まれ変わる時間の経過を含めた<風化から再生へ>をテーマに制作している。

 

その一方で、下沢は茶碗や陶筥といったうつわにも挑戦している。

とくに自由で造形性豊かな織部焼に魅かれるという。

その理由は、織部焼が懐石のうつわとして誕生したからである。

 

今展にも織部や粉引の陶筥、罅裂紋(かれつもん)の茶碗などが出品されているが、そのどの作品からも北の大地の惠みが感じられる。

それは、下沢が北の大地の陶土にこだわり、うつわに生命(いのち)を吹き込んでいるからであろう。

すなわち、下沢のうつわは北の大地から生まれたやきものなのである。

 

森 孝 一(美術評論家・日本陶磁協会常任理事)