過去の展覧会

村田 佳彦 漆展 ー陰影ー

会期 平成27年12月2日(水)~ 12月8日(火)
開廊時間午前11時~午後7時まで(最終日は午後5時まで) 会期中無休
略歴昭和52年 群馬県桐生市生まれ 現在、富山県南砺市にて制作
平成13年 金沢美術工芸大学 美術工芸学部 工芸科 卒業
平成17年 金沢卯辰山工芸工房 修了
平成23年「八人展」(柿傅ギャラリー)
平成24年「茶の湯の現代 - 用と形 - 」展入選 (菊池寛実記念智美術館/東京)
平成25年「結界 山眠る」ミネアポリス美術館 (アメリカ・ミネソタ州) 収蔵
平成26年 「Dialogue with Materials:Contemporary Japanese Arts and Crafts」 (Ahmed Adnan Saygun Sanat Merkezi/トルコ)
作家在廊日会期中、全日、在廊予定

村田佳彦さんの作る漆の作品は、艶やかで暖か味があり、どこかやさしい。

それは、作家の思いが漆の樹液と溶けあって、作品をやさしく包み込んでいるからである。

村田さんの作品の多くは楓の木から作られている。

楓は重硬な材質で、刃物を用いて削るにはやや厳しい木材であるが、それでも楓を使う理由は、その粘り強さにある。

村田さんは、様々な木材を用いて制作してきたが、「自然の持つしなやかなラインを表現するには楓が最もふさわしい」と語る。

村田さんが自然をモチーフに制作するのは、自然への敬意からだが、「漆の持つ美しさや独特な雰囲気を壊さないよう、常に謙虚な姿勢を心がけ、表現しすぎないことを肝に銘じている」という。

今展には、鳥の舞う姿からヒントを得た結界や植物や水の流れをイメージした香合や皿など、約40点のオブジェや茶道具が出品される。

 

森  孝一 (美術評論家・日本陶磁協会 常任理事)

 

 

主な出品作品
展覧会期間中に展示した作品をご紹介します。
展覧会終了後は、恐れながら、作品の在庫をお調べするのにお時間を頂ければ幸いです。
画像をクリックすると拡大写真がご覧になれます。
価格は、全て消費税込みの価格です。

村田佳彦01

作品名シルエット ― ひがしへ にしへ ―
価格226,800
寸法W 65.0 × D 27.0 × H 25.0 (㎝)

村田佳彦02

作品名シルエット ― しかのなく ―
価格【ご売約済】216,000
寸法W 11.4 × D 23.0 × H 17.4 (㎝)

村田佳彦03

作品名シルエット ― そらおよぐ ―
価格140,400
寸法W 16.5 × D 16.0 × H 45.0 (㎝)

村田佳彦04

作品名シルエット ― しのびあし ―
価格【ご売約済】97,200
寸法W 24.6 × D 11.6 × H 8.4 (㎝)

村田佳彦05

作品名シルエット ― まいあがる ―
価格【ご売約済】108,000
寸法W 21.6 × D 11.2 × H 31.2 (㎝)

村田佳彦06

作品名シルエット ― とびたつ ―
価格86,400
寸法W 10.6 × D 9.0 × H 16.8 (㎝)

村田佳彦07

作品名結界
価格【ご売約済】282,960
寸法W 81.0 × D 4.4 × H 25.8 (㎝)

村田佳彦08

作品名茶杓 -東雲(しののめ)
価格70,200
寸法L 19 (㎝)

村田佳彦09

作品名掛花入 -九角
価格75,600
寸法W 3.2 × D 3.2 × H 46.0 (㎝)

村田佳彦10

作品名掛花入 -らせん 大
価格62,640
寸法W 3.2 × D 3.2 × H 31.5 (㎝)

村田佳彦11

作品名〔左〕香合 -ひとしずく 小                    〔右〕うづくり 摺り漆 蓋物 -つん 大
価格〔左〕54,000                    〔右〕48,600
寸法〔左〕W 9.4 × D 7.0 × H 3.0 (㎝)                    〔右〕W 9.6 × D 5.6 × H 5.2 (㎝)

村田佳彦12

作品名香合 -ひとしずく 大
価格【ご売約済】59,400
寸法W 9.4 × D 6.8 × H 4.0 (㎝)

村田佳彦13

作品名にわたずみ
価格129,600
寸法W 41.8 × D 20.0 × H 3.6 (㎝)

村田佳彦14

作品名月の影 小
価格97,200
寸法Φ 24.4 × H 3.5 (㎝)

村田佳彦15

作品名宵の雨(よいのあめ)
価格【ご売約済】27,000
寸法W 23.8 × D 9.5 × H 2.8 (㎝)