過去の展覧会

「伊豆山の神々と湯の泉物語」 書画展

いずさんじんじゃ

中村 芳楽 筆  走湯山秘訣絵巻より 「赤白二龍図」ほか

会期 平成26年3月1日(土)~ 3月7日(金)
開廊時間午前11時~午後7時まで(最終日は午後5時まで) 会期中無休
出品作家■陶器:中村 芳楽
□書 :千登勢
作家在廊日中村 芳楽 : 3/1(土)、2(日)
千登勢 : 会期中、全日、作家在廊
お知らせ<同時開催展のご案内>
「古今倭歌集 千登勢の書」 展
3月1日(土)~14日(金) 午前10時~午後6時 会期中無休
ウナックサロン
東京都港区麻布台1-1-20 麻布台ユニハウス112
TEL 03-3585-7069

 文学により日本初のノーベル賞を受けた川端康成氏は、「美しい日本の私」の題で受賞記念講演を行いました。

 二十六年後同じ賞を受けた戦後育ちの大江健三郎氏は、「あいまいな日本の私」の題で受賞記念講演をされたことはご記憶のことと存じます。

 二人の文豪は、戦前と戦後で変化した日本の姿を一言で見事に云い切られたようです。

 ここに、美しい島国日本の成り立ちを思い出させる「走(そう)湯山(とうさん)秘訣(ひけつ)絵巻(えまき)」の全貌を初めて公開致します!

 源頼朝が征夷大将軍の守護神として奉(まつ)り、徳川家康も崇敬した伊豆山神社!

 熱海の霊地にふさわしく、湧き湯の神霊をまもり、走湯山とよばれ、聖地と伝えられる縁起を記した秘伝の巻物。

 今の世の乱れをただし、民族としての心根を取り戻すために、国文学研究者、書家、画家が協力し、わかりやすい文章とし、読みやすく書きぬき、創生の神々の姿を眼前彷彿の画巻としたものを、一堂の壁面にひろげてご披露します。

 今の世の東京の繁栄を誇る新宿、その駅頭に位置する柿傳ギャラリーで、この絵巻の原典を公開展示することを、関係者一同光栄とし、多くの人に、いにしえのこの国の成り立ちを誇りとする心をとり戻されるようになることを、心より祈るものです。

海上 雅臣

文:阿部美香   学術博士。 伊豆、箱根、三島の縁起と曽我物語を中心に、中世東国における宗教文芸の研究を行う。

絵:中村芳楽   やきものの器に霊感を尊んで神界の絵を描く。『伊豆山神社の神さまのひみつ』(文 阿部美香)は神々の世界をわかりやすく書いた絵本。

書:千登勢    東京学芸大学在学中井上有一の書と精神に共感し、個展発表に専念する。

主な出品作品
展覧会期間中に展示した作品をご紹介します。
展覧会終了後は、恐れながら、作品の在庫をお調べするのにお時間を頂ければ幸いです。
画像をクリックすると拡大写真がご覧になれます。
価格は、全て消費税込みの価格です。

伊豆山展7

作品名走湯山秘訣絵巻【複製版/三巻入】
価格10,000円(この売上は全額を伊豆山神社に奉納致します)
寸法外箱の寸法 W13.8×D16.5×H5.3(㎝)

中村 芳楽

作家名中村 芳楽
作品名天使図輪花鉢(金花)
価格600,000円
寸法φ19.6×H9.0(㎝)

中村 芳楽

作家名中村 芳楽
作品名天の花刷毛目茶碗
価格250,000円
寸法φ15.0×H7.2(㎝)

伊豆山展1

作家名中村芳楽
作品名蜜柑型風のうた水指
価格200,000円
寸法φ20.0×H18.0(㎝)

伊豆山展2

作家名中村芳楽
作品名天の花茶碗
価格250,000円
寸法φ13.6×H8.8(㎝)

伊豆山展3

作家名中村芳楽
作品名白磁輪花茶碗
価格80,000円
寸法φ15.0×H5.3(㎝)

伊豆山展4

作家名中村芳楽
作品名桃型水滴
価格30,000円
寸法W7.0×D6.8×H7.2(㎝)

伊豆山展5

作家名中村芳楽
作品名五彩天使図合子
価格150,000円
寸法φ23.8×H12.0(㎝)

伊豆山展6

作家名中村芳楽
作品名染付樹上童子図合子
価格150,000円
寸法φ22.8×H9.5(㎝)

千登勢_右

作家名千登勢
作品名金槐和歌集
価格33,000円
寸法W137.5×H35.0(㎝)

伊豆山展11

作家名千登勢
作品名金槐和歌集
価格33,000円
寸法W137.5×H35.0(㎝)

伊豆山展8

作家名千登勢
作品名源実朝歌
価格[ご売約済]150,000円
寸法W47.0×H110.0(㎝)

伊豆山展9

作家名千登勢
作品名源実朝歌
価格[ご売約済]110,000円
寸法W38.0×H103.0(㎝)

伊豆山展10

作家名千登勢
作品名線の聲 いとなみ
価格330,000円
寸法W87.5×H178.0(㎝)

伊豆山展15

作品名(左)太陽 漆蒔絵時計 (右)月 漆蒔絵時計
価格(各)262,500円